どのような症状で
お困りですか?
  • もうのうえんになり、アクアチムを、塗ってましたがなかなか赤…

    もうのうえんになり、アクアチムを、塗ってましたがなかなか赤みが消えず皮膚科に行ったらキンダベートを、塗って下さいと言われてキンダベートを塗り、クラリスと、言う飲み薬をいただきました。一週間キンダベートを塗り薬を飲み今日皮膚科に行ったらまたクラリスをいただき、キンダベートを塗ってくださいと、言われました。キンダベートの、ステロイド剤とクラリスは、抗生物質ですが、こんなに長くステロイド剤を使用したり抗生物質を飲んでもいいのでしょうか?1週間が目安だと、思いますがそれ以上続けていいのでしょうか?

    2020.11.24 17:46
医師からの回答

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

そうですね。一般的に効果があればお薬を継続する場合もありますが、症状が変わらなければお薬を変更することもあります。1週間お薬を続けてみて症状はいかがでしょうか。改善してきていますでしょうか。

ステロイド剤は場合によっては1週間から2週間程度使用する場合はあります。

要は症状が改善してきているかどうかだと思いますがいかがでしょうか。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。こんばんは。毛嚢炎の治療でご心配ですね。
そもそもの毛嚢炎の診断でのアクアチムの使用は、皮膚科医の処方だったということかと思いますが、外用剤だけでの治療では改善が難しかったようですね。炎症が広がって、細菌感染も起こして、大きめのオデキのような状態(セツやヨウと言います)に成ってしまったのだろうと思います。炎症をステロイドで抑えつつ、細菌感染を抗生剤で抑える治療は、珍しい治療ではないと思います。
また、内服薬でステロイド投与を受けている訳ではありませんから、お身体へのステロイド副作用の懸念は、まず無いだろうと思います。また、抗生剤も長めの投薬になって来ていますが、残念ながら効果が不十分なら、ある程度の長期投与はやむを得ないと思います。私からは、どちらの薬剤も現状で副作用の懸念は極めて低いだろうとお答えさせて頂きますね。
お大事にどうぞ。早く良くなりますように。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご質問ありがとうございます。ステロイドの塗り薬と抗生剤についてですね。
継続して使用するのはご不安かと思いますが、基本的に週単位で使用しても問題はあまりないかと思います。
抗生剤は下痢などの症状を起こす可能性もありますが、長期間使用することもよくありますし、アトピー性皮膚炎の場合など長期間ステロイド剤を塗ることもあります。
そのためあまり心配しすぎなくてよいのではないかと思います。お大事になさってください。この度はご質問ありがとうございました。何かありましたらいつでもお気軽にご質問ください。

ご相談ありがとうございます。
今回の赤みが細菌性の炎症ならばアクアチムが効果を示したことでしょう。
もしくは、アクアチムの効かない細菌や真菌ですと治らないかもしれません。
おっしゃるようにキンダベートですと細菌感染症、真菌感染症などでは悪化しそうです。
1週間キンダベートで治らなければ継続しない方が良さそうですね。
今回はそろそろ違う皮膚科でもう一度診察からやり直してもらうことをお勧めします。
近くで評判のいい皮膚科を探してみてください。
お大事になさってください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
キンダベートについて医師にご相談ください。

この症状に近い健康相談