どのような症状で
お困りですか?
  • 重症筋無力症を20年前から投薬治療してます。あと原因不明で…

    重症筋無力症を20年前から投薬治療してます。
    あと原因不明ですが左手指が自由に動かない症状が数年前からあります。
    先日左手の原因を探るために頸椎MRIを撮影した際、頸椎髄内に白い影がありました。
    それを見た担当医(神経内科)に「多発性硬化症かもしれない」と言われました。
    その後、脳と胸椎のMRIを撮りましたが異常はみられませんでした。

    脊椎内の影の病名が知りたい。
    なぜ担当医は多発性硬化症の診断をしたのか。

    この2点が知りたいと思います。
    何卒ご回答宜しくお願いいたします。

    2020.11.25 19:06
医師からの回答

こんばんは。御相談ありがとうございます。

左手指が自由に動かない症状はどちらかというと整形外科的な問題がありそうですが整形外科は受診されましたでしょうか。

多発性硬化症では目の症状が出たり、脱力が生じたりなど全身に症状が出やすいと思います。それらの症状が出たりよくなったりしますし、入浴など体温が上がると症状が悪化しやすいなどあります。
主治医は多発性硬化症と診断したわけではなくそのような可能性もあるかもしれない、ということではないでしょうか。

脊椎内の病変については整形外科でも見ていただくことをお勧めします。

また何かございましたらご相談ください。お大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。症状が続くと御心配かと思います。
実際の画像を見なければ正確な病名などの判断は困難であり(白い影だけでは判断は難しいかと思います、MRIでは撮像条件で同じ部位が白くも黒くも見える検査であり、実際に複数の条件を総合的に判断します)、一般的な多発性硬化症の画像所見としては脳内の色々な部位にT2強調画像で高信号・T1強調画像で等信号或いは低信号を示す病変が散見されるとされています。
比較的特徴的な所見を示すことも多くそういったところで判断されているのかもしれません。
詳しくは実際の画像を見ながら主治医の先生に確認が必要ですがご不安などあればセカンドオピニオンを求めるのも一つの選択肢かと思います。
お大事になさってください。この度はご質問ありがとうございました。何かありましたらいつでもお気軽にご質問ください。

ご相談ありがとうございます。
今回の医師のコメントは多発性硬化症と診断したものではなく、多発性硬化症を心配した、という段階だと思います。
すでに脳と胸椎のMRIが行われていますので安心して下さい。
多発性硬化症と診断するには空間的な多発性といいまして、異なる部分における二つの症状、MRIで脳内や脊髄の二カ所以上に病変があること、そして時間的多発性といいまして、一ヶ月以上の間隔をおいた二つの症状、時間を置いて受けたMRIでの新しい病変の出現などが必要です。
今はまだ、多発性硬化症疑いの段階ですから経過を見ていって下さい。
あまり心配しすぎず、今の主治医を信頼して治療を受けて下さいね。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

質問、有難うございます。
内容を拝見しました。

多発性硬化症については、頚髄や脳にMRIで「白い病変」が認められます。
ゆえに、御本人もその所見に合致するために、「多発性硬化症かもしれない」と言われたものと思います。

ただ、当方(回答者)としても、実際にその画像を見ていないので、脊椎内の影の病名について、詳しくは言及しづらいです。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談してください。

ご相談ありがとうございました。多発性硬化症(MS)は,脳および脊髄における散在性の脱髄斑を特徴とし、MRIでは脊髄と延髄の接合部の脱髄性病変が観察されます。MRIは撮影方法により白く映るものが液体や血液、腫瘍、脱髄なのかはなにを強調するか(T1やT2など)で解釈が異なりますので白い影とのご記載では判断ができません。担当医が多発性硬化症と診断したのは臨床症状から疑いがあると想定したものと思われます。MRIで神経脱髄所見がないとすると否定的ですがまずは主治医からも検査結果と今後の方針についてよくご相談されてみてください。

多発性硬化症の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談