どのような症状で
お困りですか?
  • 30代 女性

    私は子宮頸部神経内分泌がんと診断され、手術〜抗がん剤と治療…

    私は子宮頸部神経内分泌がんと診断され、手術〜抗がん剤と治療をして、現在経過観察中です。
    同じ病気の方で、大細胞や小細胞とついてる方もいれば、腺癌で小細胞と病名についている方もいて、同じなのか、違うのかよくわからないので、教えて欲しいです。

    2020.12.01 08:18
医師からの回答

おはようございます。ご相談ありがとうございます。

手術や抗がん剤治療と、色々と大変だったと思います。

WHO では子宮頸部神経内分泌癌における一般的な組織型は小細胞神経内分泌癌となっていますが、非常に稀な頻度ですが大細胞神 経内分泌癌もあるようです。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事なさってください。

癌の性質によって大細胞、小細胞、神経内分泌癌などと分類されます。
その、性質 が異なると癌の治療や経過、予後はまったく異なりますので、違うタイプの癌の情報は入れないようにした方が良いです

どうぞお大事になさってください。少しでも参考になれば、幸いでございます。
またお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
ご質問をありがとうございました。

ご相談ありがとうございます。おはようございます。始めに、お若い女性の難しいご病気との闘病に、心からお見舞いを申し上げたいと思います。
内科医なので、一般的なことしかお答えできず、申し訳ありませんが、まれな悪性腫瘍には違いないですね。それでも、年間に数百人程度の発症があるようですね。
子宮頸部神経内分泌がんと診断されているので、数の多い低異型度神経内分泌腫瘍ではなく、高異型度神経内分泌腫のようですね。ご相談通り、高異型度のタイプは小細胞のものと、大細胞のものがあるようですが、小細胞のものが多いようです。神経内分泌腫瘍は、ホルモンなどを分泌する内分泌細胞がガン化したものですが、全身の広い臓器に発症しますが、消化管に発生するものが多いとされています。
子宮頚部のガンについては、組織別には、扁平上皮癌が80%程度で、腺がんが15%程度、腺扁平上皮がんが3%程度で、ご相談の神経内分泌腫瘍は1~3%程度だそうです。同じ子宮頚部のガンであっても、腺がんと神経内分泌腫瘍は、ガン化した由来の細胞は異なることに成りますので、異なるガン腫と分類されていると思います。
ガンの組織分類は、様々な免疫学的な進歩で、常に新たな分類方法が試みられますので、稀な神経内分泌腫瘍の位置づけも少しずつ変遷しているようで、詳しくはご担当主治医に良く教えてもらって下さいね。
お大事にどうぞ。体調回復を心から願っております。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
子宮頸部神経内分泌腫瘍の治療中ということですね。
子宮頸部神経内分泌腫瘍は、小細胞癌・神経内分泌性大細胞癌・古典的カルチノイド・異型カルチノイドの4つに分類されています。
子宮頸部神経内分泌腫瘍という病名は同じですが、細かく分類すると異なるということです。
ご参考になれば幸いです。お大事になさってください。

ご相談ありがとうございました。子宮頸部神経内分泌癌と診断されたのですね。神経内分泌細胞から発生する腫瘍は、悪性度に応じて、小細胞がん、大細胞神経内分泌がん、非定型カルチノイド、定型カルチノイドに分類されます。診断は腫瘍を顕微鏡でみたときの形や、細胞のタンパク質の特徴で判断します。腺癌と神経内分泌細胞癌は癌細胞の組織型が異なります。

腺癌の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談