どのような症状で
お困りですか?
  • 20代 女性

    11/30に喉の痛みと発熱38.1度があり、受信したところ…

    11/30に喉の痛みと発熱38.1度があり、受信したところ急性扁桃炎として抗生物質を処方してもらいました。喉の痛みは12/2ごろに引き、熱も36.4度ぐらいでほとんど回復していました。現在(12/5)は倦怠感も咽頭痛もなく、食欲もありますが、昨日ごろから37度前後の微熱があります。この症状は急性扁桃炎が治っていないということでしょうか?
    (診察時にはコロナ、インフル、溶連菌が陰性でEBウイルス感染の疑いはあると言われました。ただ、EBウイルス感染症の症状の高熱もなく、高くても38度で、37度台がほとんどでした。)

    また、1週間前にアフターピルを服用し、同時に低用量ピルの服用もはじめました。ホルモン剤のため、平熱が上がったり、微熱が出ていると考えてもいいのでしょうか?
    性行為から3週間以上経過後に行った妊娠検査薬では陰性でした。

    妊娠や性病の情報をインターネットでよく見るためノイローゼ状態で不安になり相談させていただきました。長くなりましたが、よろしくお願いします。

    2020.12.05 17:37
医師からの回答

お話からは 扁桃腺はかなり長引くこともありますからね、治って細菌が死んだとしても微熱が続くことはあります

ピルも偽妊娠効果で高温になることもあるでしょう。

妊娠検査薬が陰性であるなら安心していいと思います。クラミジア感染なども可能性はゼロではないですが、抗生剤で死滅しますし、微熱やだるさが続くようであれば婦人科も考慮ください
ご参考になりましたら、幸いです。お大事になさってください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

こんにちは。ご相談ありがとうございます。
 
急性扁桃炎は一旦良くなったと言うことであればその後の微熱は再度別の風邪をひかれたのか、風邪症状がなければ低用量ピルの副作用などの可能性もあるかもしれません。
お話だけでは微熱の原因を判断するのは難しいです。

妊娠をしているかどうかは妊娠検査薬などで検査する必要がありますが、検査で陰性であればその心配は無いのではないでしょうか。
微熱が続くようであればピルを処方していただいた医師に相談されるか、他に症状が出てくれば内科で診察を受けると良いと思います。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事になさってください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

確かにピルの影響、ホルモンバランスの影響で熱が出ている可能性は高いと思います。
もちろんE Bウイルスも含め、なんらかのウイルス感染の可能性もありますが、世の中にはたくさんの微弱なウイルスは多く、検査できるものに限界があるのと、結局わかったところであまり治療には影響せずに、経過を見るしかないことが多いです

どうぞお大事になさってください。少しでも参考になれば、幸いでございます。
またお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
ご質問をありがとうございました。

ご相談ありがとうございます。こんばんは。
微熱が続くようでご心配ですね。ただ、急性扁桃炎として投薬治療を受けられて、順調に解熱されていますから、病状は快方に向かっていると考えて良いだろうと思います。
アフターピルや低用量ピルの服薬を始めたとのことですから、微熱はピルの副作用の可能性があるように思えますね。新型コロナを含めて、感染症は一通り調べてあるようですから、少し経過をみて良いように思えますよ。
性行為との関連で言えば、確かにクラミジア感染などは、若い方にも増えていて、咽頭にも炎症を起こしたりしますが、軽症のことも多いですし、耳鼻咽喉科で診ていただいていますから、あまり過剰な心配はせずに、食事や睡眠に配慮して、体調の回復に当たってはいかがかと思います。
お大事にどうぞ。早く良くなりますように。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。症状があると御心配かと思います。咽頭炎が長引くことはよくありますが、症状が改善してから再度微熱があるとのことで判断は難しいかと思います。のどの痛みも再燃しているのであれば咽頭炎を疑いますが、ホルモン剤を使用しているのであればそれが原因でも説明は付くかと思います。
御心配であれば耳鼻咽喉科などでのどの所見を確認してもらうことは有用かと思います。
お大事になさってください。この度はご質問ありがとうございました。何かありましたらいつでもお気軽にご質問ください。

ご相談ありがとうございました。咽頭痛や微熱症状が遷延されているのでですね。急性扁桃腺炎とすると改善には1-2週間必要なことが多いです。またアフターピルの副作用で微熱が見られることも可能性があります。現在倦怠感や咽頭痛もなく食欲も良好であれば臨床的には改善傾向にあると思われますので引き続き体調管理を継続され経過観察してみてください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談していただきありがとうございます。
一旦引いた発熱が再び出てきたことに心配されているのですね。
実際に診察や検査を行わないかぎり判断は難しいですが、お話を伺う分では、急性扁桃炎は回復している印象を受けます。
しかしながら、ピルを服用されていることでホルモンバランスに影響が出ていること、いろいろ考えノイローゼ状態にあることから、自律神経のバランスが不安定となり、ご相談の症状が出現している印象を受けます。
考えすぎず、休養を多めにとることで症状が軽減する可能性がありますので、ゆっくり静養されることをお勧めします。

はじめまして、プライマリケア医をしております川上と申します。
急性扁桃炎は通常1週間程度熱が続きますので、その通常の臨床経過を見ているものと考えます。今週末は様子をみて、週明けも熱が継続するようであれば再度、受診された病院を再受診することをおすすめします。
またピルと熱の直接の因果関係ははっきりしていないので、まずは扁桃炎の臨床経過を考える形が良いと考えます。

御参考にして頂ければ幸いです。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
発熱の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談