どのような症状で
お困りですか?
  • 先日、左眉下に石灰化上皮腫との診断がおりました。また、右脇…

    先日、左眉下に石灰化上皮腫との診断がおりました。また、右脇にも同じような硬いしこりが見られます。
    約一年前も左前腕に石灰化上皮腫ができ腫瘍の摘出術を行いました。
    石灰化上皮腫という皮下腫瘍はこんなに短時間で発症するものなのでしょうか、また摘出術以外に方法はないのでしょうか?
    また別に疑われる疾患はありますか?

    ちなみに20代手前、女です
    よろしくお願いします

    2020.12.11 13:29
医師からの回答

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

石灰化上皮腫は約90%が単発性で残りの10%が多発性と言われています。多発する場合全身疾患に合併する症例も報告されているようです。

鑑別診断としては他に粉瘤、類皮嚢腫、ガングリオンなどがありますね。

治療法としては原則的に手術で摘出することが必要になります。また摘出した後組織を検査して診断を確定する必要もあります。

また何かわからないことがありましたらご質問ください。どうぞお大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。こんにちは。
石灰化上皮腫でご心配ですね。20歳代の女性で、特に持病も無い方ですね。子供に出来やすい良性のものですから、ご心配は不要かと思います。現状では、原因不明の病気なので、たまたま出来やすい体質としか言いようがないかも知れませんが、やはり良性でも腫瘍ですから、切除が治療の基本になると思います。また、切除された組織をきちんと調べて付いた診断名でしょうから、診断に間違いは無いだろうと思います。詳しくは、皮膚科のご担当医にも良くお話を聞いて下さいね。
お大事にどうぞ。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
左の眉の下に石灰化上皮腫があり、右の腋窩にも同じような硬いしこりがあるということです。1年前にも左前腕に石灰化上皮腫が出来て摘出術が行われたということです。
質問としては、短期間で多発するものかどうか、また摘出術以外に治療はないかということです。また、別の疾患などはないかということです。
→ 石灰化上皮腫の病理診断は容易であり、他の疾患と間違えるようなことはまずありません。石灰化上皮腫は大変ゆっくりと増殖するものですので、短時間で大きくなることはあまりありません。おそらく徐々に大きくなって顕在化しているのだと思います。摘出術以外の治療法はありません。
ご参考になれば幸いです。
お大事になさってください。

ご相談ありがとうございました。石灰化上皮腫とはその名の通り皮膚の一部が石灰のように硬くなる良性の皮下腫瘍の一つです。他の皮膚皮下腫瘍と同じようになぜ発生するのか原因は分かっていませんが、毛母腫という別名が現すように毛根に存在する毛母細胞を起源とする腫瘍で比較的若い人、特に小児の顔(まぶた)、腕、頸などに発生することが多いようです。基本的には切除が必要ですが悪性化のリスクはないです。確定診断には病理診断が有効ですのでご不安であれば切除生検をご検討されてみてください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
皮下腫瘍の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談