どのような症状で
お困りですか?
  • 現在妊娠24週で、子宮頸管無力症から切迫流産になり入院して…

    現在妊娠24週で、子宮頸管無力症から切迫流産になり入院しています。
    不用に歩き回らないようにと言われましたが、ベッドの上で絶対安静とまでは言われてません。 
    なので今はベッドに座る姿勢で一日の殆どを過ごしています。
    (脚を組んだり、あぐらを描いたりします)

    そこで気になったのですが、ベッドに座る姿よりも、横になっていた方が子宮頸管は短くなりにくいですか?
    それとも運動しなければ、座っていても寝転がっていても変わらないのでしょうか?

    2020.12.13 17:16
医師からの回答

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

切迫流産で入院中と言う事ですね。不用に歩き回らないようにと言われたものの絶対安静とまで言われていないのであればベッドに座っていても問題は無いのではと思います。それで症状が進行するのであれば横になった方が良いかもしれませんが、ただ実際に診察していませんので不明な点は看護師でも医師にでも聞きになった方が良いでしょう。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。
切迫流産と言われているのですね。切迫早産の進行度が高い場合は絶対安静となり、極力ベッドの上で横になっているよう指示されます。そうすると、お風呂に入ることやシャワーもできませんし、トイレもおむつや尿道カテーテルの管理になる場合があります。
そこまで厳しい安静を指示されなければ、ベッド上で座位でいてもいいですが、ただし、立っている姿勢でも座っている姿勢でも胎児には出口側へ重力がかかることになり、分娩進行を助長させるので、できるだけ横になっていた方がよいと考えます。
ご参考になれば幸いです。
お大事になさってください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
座る姿勢は重力で子宮が下に下がり、良くありません。
可能な限り寝ていた方がいいでしょう。
ただ、ずっと横になっているのもきついでしょうから、適宜座ったり立ったりするといいかと思います。
まだまだ安定までには時間がかかり、不安もあるでしょうが、焦らずにお過ごしください。
お大事になさってくださいね。

質問、有難うございます。
内容を拝見しました。
お腹に圧力が掛からない(腹圧が掛からない)という考えをすると、やはり座る姿より、横になる(寝る姿勢)の方が「腹圧が掛からない」ために、切迫流産予防に繋がると思います。
子宮頸管に関しても、同様の考えで良いと思います。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

ご相談ありがとうございました。妊娠24週で子宮頚管無力症から切迫流産で入院されているのですね。座位と臥位についてはそれほど子宮頚管に変化はないと思われます(腹圧の上昇には注意が必要と思われます)。実際の状況が不明で文章上での判断はできませんので体動や体勢でご不安な点があればまずは主治医や担当看護師に一度ご質問されることをお勧めいたします。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
切迫流産の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談