どのような症状で
お困りですか?
  • 7年前より慢性骨髄性白血病で、去年の夏くらいから手の平や指…

    7年前より慢性骨髄性白血病で、去年の夏くらいから手の平や指に
    内出血のような、針で突いたくらいの1mm程の赤い点が出るようになりました。
    多いときは両方で10個くらいになるときもあります。

    2週間程で、色が黒っぽくなって小さくなっていき消えます。
    そしたらまた気づくと、新しいのが別の場所にできています。
    痛みやかゆみなど不快感は何もありませんが、目につくので少し気になります。

    一度だけ、手の平に強い痛みが走ったので見ると
    赤い点(その時は少し大きめの2mm位)が出来ていた事がありました。

    薬は、2年前からアイクルシグを服用しています。
    血栓ができるリスクがあるとの事で、バイアスピリンも同時に服用しています。

    このような赤い点が出る症状は、慢性骨髄性白血病かお薬の影響で起こることはあるのでしょうか?

    ちなみに、現在の薬になってから消化管出血も起こしたことがあります。
    白血病の方は、数値もすごく落ち着いていて良い状態を維持しています。

    2020.12.14 14:12
医師からの回答

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

アイクルシグの添付文書を見てみましたが10%未満の頻度で斑状出血や天井出血、皮膚出血などが見られるようですので副作用の影響があるかもしれませんね。いちど主治医にもご確認されてみてはと思います。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事になさってください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。こんにちは。
始めに、難しい血液疾患との闘病生活に、心よりお見舞い申し上げます。白血球数の安定は、本当に良かったですね。
手の平や指に出来る小さな赤い点ですが、確かに点状出血のようにも見えますね。調べてみると、服薬中のアイクルシグには、点状出血の副作用の記載がありましたし、バイアスピリンも抗血小板薬ですから、点状出血リスクを高めているように思えます。ただ、他の場所には出来ないようなので、もしかしたら手を使う仕事で、指や手の平に圧迫などの刺激が加わることで、こうした赤い点が出来るのかも知れませんね。ぜひ、血液内科のご担当主治医に、ご相談してみてくださいね。
お大事にどうぞ。特に治療を要する状態でないと良いですね。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
慢性骨髄性白血病の治療中ということですね。
お写真拝見しました。点状出血のように見えました。
アイクルシグの添付文書上の副作用に、血小板減少や出血や胃腸出血の記載があります。
以前の消化管出血も今回の手のひらの出血も副作用である可能性があるかもしれません。薬剤の選択については、主治医の先生とご相談されてはいかがでしょうか。
ご参考になれば幸いです。お大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
血栓予防の薬剤を使用している場合には、様々な出血合併症が起こります。
その程度により薬剤を変更したり、中止する場合があります。
今の状況ではまだ、必要無さそうです。
現在の微小出血斑も受診は急ぎませんが、次の定期受診の際に処方医に相談してみてください。
お大事になさってくださいね。

質問、有難うございます。
御本人の場合、慢性骨髄性白血病でも、その治療薬(アイクルシグ)+治療薬の副作用を抑える薬剤(バイアスピリン)であっても、血液の凝固機能異常に関わると考えます。
ただ、白血病の方が落ち着いているなら、おそらくは、アイクルシグ+バイアスピリンの影響で血栓・出血傾向が出来ていると思います。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

ご相談ありがとうございます。
内服中の薬は2年前からかわりがないようですので、薬の副作用が今頃でるということはゼロではないですが、あまり考えにくいかと思われます。どちらかというと、症状からも白血病による症状の可能性の方が高そうです。主治医に一度ご相談されるといいかと思われます。それでは私からの回答は以上になります。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

御相談頂きありがとうございます。

アイクルシグ(血栓ができることがあります)とバイアスピリン(こちらは血栓の予防薬)の影響で、手の紫斑が出ている可能性はあるかと思います。

手の症状は消失するとのことですので、基本は経過観察でよろしいかと思いますが、手の写真は次回の主治医の先生の診察時に見せていただけると良いかと思います。

内出血の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談