どのような症状で
お困りですか?
  • 40代 男性

    お酒を飲んだ時のトイレの回数が気になり受診すべきかどうかを…

    お酒を飲んだ時のトイレの回数が気になり受診すべきかどうかを相談したいです。
    普段飲まない時はトイレ回数は人並みかと思いますが、お酒の席では15~20分間隔でトイレに行きたくなります。
    1年ほど前にかかりつけの内科医に同じ相談をしたところ問題ないとは言われましたが、特に検査等は行っておりません。
    また、もし単に膀胱が固くなっているという原因でトイレが近いなら日常で改善するための方法等はあるんでしょうか。

    2020.12.27 01:44
医師からの回答

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

アルコールには利尿作用がありますのでどうしても飲酒をした時はトイレに行く回数が増えることがあります。飲酒をした時以外にはそのような症状がないのであればお酒の影響と言うことで様子をみても良いように思いますがいかがでしょうか。

もし何か膀胱に異常があれば常にそのような症状が出ると考えます。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事なさってください。

ご相談ありがとうございます。おはようございます。
アルコール摂取に伴う頻尿で、ご心配ですね。アルコールはもちろん、水分そのものですし、利尿作用があるので、だれでもトイレが近くなる飲料です。かかりつけの医師も心配ないとされているので、病的な状態では無い可能性が高いとは思いますが、40歳代でも前立腺肥大が起きることはありますから、ご心配であれば、泌尿器科に受診して、良く調べてもらって下さいね。アルコールの利尿作用が、普段の生活で問題ないレベルの前立腺肥大の症状を明らかにさせてしまうのかも知れません。対処方法は、病気の原因次第なので、日常生活での改善方法も、良く指導してもらいましょう。
お大事にどうぞ。特に治療を要する病気でないと良いですね。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
お酒を飲んだ時だけトイレが近くなるというのであれば、特に問題はありません。
ビールなどのお酒は利尿作用があり、またお酒の肴の食べ物の中にも利尿作用のあるものがあります。また、アルコールには血管拡張作用がありますので、腎臓の血流も増加するために、尿が多く産生されます。
尿糖や尿タンパクなどが出ておらず、糖尿病などがなければ特に心配のない症状です。
少しでもご参考になれば幸いです。
お大事になさってください。

質問、有難うございます。
内容を拝見しました。
飲酒により、利尿は促進されます。
要するに、飲酒で「排尿間隔は短くなる」と言えます。

あとは、御本人がどのくらいの量を飲酒されるか、です。
大量に飲酒(あるいは水分摂取)されるなら、猶更、排尿間隔は短くなります。

ただ、年齢・性別からは、前立腺肥大症の可能性も考えます。
泌尿器科で一度、その評価を受ける事をお勧めします。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談してください。

アドバイス : 受診を勧める
膀胱について医師にご相談ください。

この症状に近い健康相談