どのような症状で
お困りですか?
  • 30代 女性

    妊娠27週海外在住です。妊娠24週から切迫早産の為、プロゲ…

    妊娠27週海外在住です。
    妊娠24週から切迫早産の為、プロゲステロンの膣錠(200mg)を毎晩入れています。
    胎児への影響が心配になり調べた所、睾丸ガンなどのリスクが上がると出てきました。
    赤ちゃんは男の子です。
    プロゲステロンの膣錠を妊娠36週まで毎日使った場合胎児に、他にはどんな影響が出ますか?
    ご回答よろしくお願いします。

    2021.01.03 22:00
医師からの回答

お話からは あくまでも切迫早産のためなので睾丸の悪性腫瘍のリスクもほぼ自然発生とかわらない程度だと思います

重大な副作用として、血栓症があげられるとおもいますので、胎児というよりは母体への影響かとは思います

あちらで産婦人科の医師はなんといっているでしょうか、また36週まで使用しない可能性もあるとは思います

ご相談に対しまして、回答は以上になります。

ご参考になりましたら、幸いです。お大事になさってください。

こんばんは。御相談ありがとうございます。

ウトロゲスタン腟用カプセル 200mg におけるメーカーの出生児におけるコメントですが

黄体ホルモン剤の使用と先天異常児出産との因果関係はいまだ確立されたものではないが、心臓・四肢等の先天異常児を出産した母親では、対照群に比して妊娠初期に黄体ホルモン剤又は黄体・卵胞ホルモン剤を使用していた率に有意差があるとする疫学調査の結果が報告されている。
国内の臨床試験において天然型プロゲステロン使用による胎児への影響は認められていない。海外においてプロゲステロンを投与した試験で、胎児奇形の有意な増加は示されていないが、天然型プロゲステロン使用の出生児、胎児への影響は明らかではないため、出生児への影響を重要な潜在的リスクに設定する

とされていますので 妊娠後半で使用されたとしても問題ははっきり証明されてはないと思われます。

基本てきにはホルモン剤なので胎児への影響はあまりないと考えて良いと思います。
睾丸癌については諸説ありますが、まだ医学的に確かめられた事実とは言えず、私はそのような可能性はない、と考えております。

ご質問頂きありがとうございました。
少しでも参考になれば幸いです。
またお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

ご相談ありがとうございます。
切迫早産に対するプロゲステロン療法については、賛否両論があり、国によっても適応の適否が異なっています。
胎児の腫瘍については、ランダム化したエビデンスのある治験を行うことのできない治療ですので、医療的には確立したリスクとは言えません。
胎児には明らかな奇形や腫瘍などの悪い報告はないと考えて良いです。
ご参考になれば幸いです。
お大事になさってください。

質問、有難うございます。
内容を拝見しました。
妊娠中のホルモン薬の胎児への影響は、使用量と使用期間、また使用時期によって違います。
ただ、流産の予防に用いる量であれば、影響することはまずないと考えられています。

御本人がどんな文献を参考にされたか存じ上げないですが、もしかしたら、かなりの量を投与した場合の話をしているのでは、と思います。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談して下さい。

御相談頂きありがとうございます。

結論から申し上げますと、基本的には胎児への悪影響はないと考えられております。下記がアメリカにおけるプロゲステロンの胎児への影響を調べた結果となります。

→FDA薬剤胎児危険度分類においてカテゴリーB(人での危険性の証拠はない)に分類されており、ASRM(米国生殖医学会)1)では先天性異常のリスクを増加させることを示唆するエビデンスはないとコメントしています。

心配の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談