どのような症状で
お困りですか?
  • 40代 女性

    昨年末に健康診断で自覚症状無く見つかり、甲状腺癌1両リンパ…

    昨年末に健康診断で自覚症状無く見つかり、甲状腺癌1両リンパ郭清で全摘出しました。二日間位は気管切開していました。現在はコールセンターの仕事も出来る程度の声は出ています。左は動いていて右は麻痺しているみたいです。ヂラーチン50を2個とワンアルファ0.5を5個朝1回飲んでいます。1/5位から年末年始の暴飲暴食なのかゲップが良く出ます。胃の上の方に空気が入っている感じです。胃痛も胸やけも無し。食欲も便通も普通です。念の為、健胃薬を飲んでいますが気持ちゲップが少なくなった気がする程度です。毎食後と食間にトータル10回~15回出ています。元々オナラは良く出ますが6回~10回位出ています。またずっと空気が溜まっている気がしています。ゲップも酸っぱいとか無いです。痰が絡むのでお湯を良く飲んで流す様にしています。えへんえへんと良く咳ばらいをします。健康診断では胃底腺ポリープで経過観察でした。主人がH31年に胃癌4で亡くなっているのでとても自分の体が心配です。来週に診察と今後アイソトープアブレーションの為の検査ですがとても怖いです。水の飲み過ぎかもしれません。体に良いとの事でシリカ水飲んで黒ニンニクも食べています。胃に優しい食事を心掛けています。みずっぱらな感じがします。とても不安症もあります。夜は普通に寝ています。長時間寝るタイプで夜11時~朝10時位まで寝てしまう時もありますが、その間はゲップは出ていない様でおきません。目安だけでもつけば少し安心出来るのでよろしくお願いします。

    2021.01.21 11:47
医師からの回答

呑気症などストレスで空気を飲み込むものや逆流性食道炎なども疑います。
基本的には生活習慣ですね。

胃酸が逆流しないように油物はさける、アルコールやコーヒーを避ける、食べた後すぐに横にならない、海藻類などの食物繊維をしっかりなどでしょうか。他には早食いをやめる、しっかり30回以上噛んで食べる、炭酸飲料をさけるなどもあります。猫背などの姿勢不良も原因になりますので長時間のスマホやパソコン操作などにも注意が必要です。

少しでも参考になれば幸いです。また何かお困りがございましたら気軽にご相談ください。お大事にされてください

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

ゲップが続くと言う場合、逆流性食道炎も考えましたがそのような症状はないと言う事ですね。そうであれば呑気症などの可能性もあるかもしれません。ストレスなどから無意識のうちに空気を飲み込んでいたり、早食い、すすり食いなどで食事の時に空気を多く摂取してしまっている可能性もあるかもしれません。この場合はゆっくりよく噛んで食べるようにします。

まずはいちど消化器内科などでご相談されてみてはと思います。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。
甲状腺術後で、消化器症状があるようです。
たくさん飲み食いされた場合には、胃腸機能の限度を超えてしまい、げっぷが出たり消化不良による胃腸の不快感がでますので、やはり食事は小食・粗食を主体としたものがよいかと思います。
消化器症状があるうちは、お粥やうどんなどを少量食べるのがよいです。
3食食べる必要はなく、3食きっちり食べてしまうと、カロリーがオーバーになったり、胃腸機能の処理能力を超えてしまうこともありますので、3食食べる場合は1食は軽めにしてください。
甲状腺の方については今のところ心配ないと思います。
少しでもご参考になれば幸いです。
お大事になさってください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
現在自覚されている胃の症状は機能性ディスペプシアの状態でしょうか。
これまでの病気の影響やご主人の事などから病気を心配されており、胃腸に支障を来していると考えられます。
消化器内科などで機能性ディスペプシアの治療を受けることができますし、適宜必要に応じて心療内科や精神科での受診、治療が必要となるかもしれません。
近くで評判のいい病院を探してみてくださいね。
お大事になさってください。

質問、有難うございます。
内容を拝見しました。

様々な症状を挙げていらっしゃいますが、やはり回答する側としては、御本人が具体的にどういった事を尋ねたいかを明記して頂かないと、コメントに困ります。

上記を意識して、再度質問を頂けると幸いです。
お困りの症状を2-3述べて記載して頂くのが良いと思います。
(今回の質問内容を拝見しても、「なるほど、そうですか」と思う程度で、具体的にどう介入すればよいか、判断に困ります)

ご相談ありがとうございました。病的なゲップ(腸閉塞や機能性胃腸症候群など)でないとすると多くは呑気が原因になります。初期対応としては早食いや炭酸飲料を控える、食事中の過度な会話を慎むなどの対応が必要です。また姿勢不良も呑気の原因になりますので長時間のスマホやパソコン操作にも注意が必要です。食道裂孔ヘルニアや加齢による呑気もありますがそれでも症状が改善し無い場合は一度消化器科を受診されることをお勧めいたします。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

痰がよくからんで咳払いをよくしているのですね。げっぷもよくでるとのことで、呑気症の可能性はありますね。また、ムカムカはなくても咳などがでているようで逆流性食道炎などがあるかもしれませんね。胃などへの刺激物や油ものは控えた上で、重たい荷物は控え腹圧をかけないようにして、食べた直後は横にならない、頭を少し高くして寝るなどされると宜しいでしょう。来週かかりつけ診察とのことで甲状腺も引き続きみてもらってくださいね。

ご相談ありがとうございます。
甲状腺がんが見つかり、甲状腺全摘術、頸部郭清術、気管切開術を施行され、片側の反回神経麻痺あるもコールセンターのお仕事は可能なくらいに回復されているのですね。
げっぷやおならなどガスがよく溜まっておりご心配なのですね。
ご提供いただいた情報からは、暴飲暴食や飲水をよくされていること、ご主人のこと、ご自身の治療のこともあり不安が強いことから自律神経異常や過敏性腸症候群なども関係しているのかもしれません。消化器内科で胃カメラなどされて異常ない場合は心療内科への相談も良いかもしれません。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談いただきありがとうございます。ゲップが続くことのご相談ですね。定期的に甲状腺のフォローは受けられていると思いますし、今回の症状は仮に手術の影響があったとしても現在は他の要因を考慮するのが良いかと思いました。ゲップは意義の少ない物である可能性が高いですが、胃や食道の動きの影響を受けやすいものと思います。お食事の努力も素晴らしいですし、機能性胃腸症として漢方薬が効果がありそうだと聞こえました。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
心配の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談