どのような症状で
お困りですか?
  • 40代 女性

    何度もすみません。赤みだけのじてんでぴりぴりむずむずは大体…

    何度もすみません。赤みだけのじてんでぴりぴりむずむずは大体の人はあるのでしょうか?すいほうができるまでずっとぴりぴり、むずむずはあるのでしょうか?ほとんど症状がなく赤みが続いてすいほうができるパターンはありますか?どの時点で皮膚科に行くのが最適なのでしょうか?今少しだけ赤みはありますがあまり、かゆくないです。すいほうができないと診断できないと思うのですが、赤みがあるだけで行かないと行けないのでしょうか?あと口唇ヘルペスに効果的な食べ物等はありますか?

    2021.01.22 11:28
医師からの回答

お話からは 赤みだけのじてんでぴりぴりむずむずは大体の人はあるのでしょうか?すいほうができるまでずっとぴりぴり、むずむずはあるのでしょうか?

→これに関しては個人差あるのでなんとも言えません。
血液検査で抗体を測ることもありますのでそちらなら診断可能かと思います。

食べ物はバランスよく、市販のマルチビタミン剤なども有効ではあるので試しましょう、一度皮膚科受診も考慮ください。

ご相談に対しまして、回答は以上になります。

ご参考になりましたら、幸いです。お大事になさってください。

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

今までヘルペスの既往歴があり今までと同様の症状があれば皮膚科でもヘルペス疑いとして診断がつく場合もあります。

もしお手元にヘルペスの軟膏があればまず塗ってみても良いと思います。

通常はピリピリした症状も併発することが多いと思いますが赤みからいきなり水泡ができる場合もあるかもしれません。

効果的な食べ物と言うのはないと思いますが、ヘルペスは免疫機能が落ちてる時に発症しやすいですので、バランスよく食事をとり睡眠を充分とることが大切になると思います。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。こんにちは。
口唇ヘルペスのご質問でしたね。赤みが出る前から、ピリピリなどの症状が出ることが多いですが、先ほどお答えしたように、その症状には個人差があるので、ごく軽い方がいても不思議はありません。赤みからさらに症状が進んで、水泡ができる頃にもピリピリしていることは多いと思います。また、あまり症状が出ないまま、赤みから水泡に至るケースも十分にあり得るかと思います。症状が出るかどうかは、病気としてのヘルペスの勢いと、ご本人の免疫とのバランスで決まるので、同じ方の口唇ヘルペスであっても、毎回同じ症状に成るとも限らないのです。(風邪も軽く済むこともあれば、重症に成ることもありますが、同じことです)
水泡が無くても、ある程度疑った段階で、ヘルペス用の治療を用いることは少なからず行われます。診断的治療と言って、ヘルペス用の薬が効いたことから、診断は口唇ヘルペスだったと考えるわけです。水泡が出るまで、じっくり待つと、病気が広がってしまって、完治に時間がかかる懸念もあります。まずは、皮膚科で診て頂くことが必要だろうと思います。効果的な食べ物は、はっきりとしたものは無いかと思いますが、ビタミン類を多めに取り、香辛料や熱い物などの刺激物などは避けた方が良いかと思います。
お大事にどうぞ。早く良くなりますように。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
皮膚科に行ってもいいと思いますが、水疱ができるまで行きにくい場合には、市販のヘルペス用の軟膏などを購入して塗ってみてもいいでしょう。
ヘルペスでなかった場合にも、塗っておいて悪くなることはないでしょう。
もちろんよくなることもないですが、ヘルペスであった場合には悪化を少しでも予防できる受診以外では唯一の方法かと思います。

質問、有難うございます。
内容を拝見しました。
繰り返し記載しますが、症状として、「痒み・違和感(ピリピリ)→赤み→水疱」というのが、多くの口唇ヘルペス患者の経過です。

イメージとしては、「痒み・違和感が有ると思っている内に、水疱が形成される」です。

但し、個人差が有るので、痒み・違和感をあまり感じない患者さんも居ると思います。

受診のタイミングは、御本人が口唇ヘルペスを疑った時点です。

なお、あくまで当方(回答者)は直接診察していないので、御本人(質問者)の記載からの推測となります。
ゆえに、今回が確実に口唇ヘルペスとは保証できません。
実際に皮膚科に診察依頼するのが最善と思います。

口唇ヘルペスに効果的な食べ物については、特別には思い浮かびません。
ただ、ビタミンB12に神経障害を緩和する作用が有るので、その点を踏まえると、豚レバー・あさりといった食品が良いと思います。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談してください。

ご相談ありがとうございました。口唇ヘルペスについてですね。ヘルペスによる口内炎は水疱形成が特徴的ですので粘膜の発赤のみでは他の口内炎との判断がむずかしいことがあります。ヘルペスなどの神経痛はピリピリする疼痛や周囲の皮疹の出現などでも診断は推測できることもあります。受診の目安は疼痛の増悪や皮疹の出現した場合は受診されてください。それまではしょうがやネギ、大根、はちみつなどの抗炎症作用のある食材を積極的に摂取されてみてください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
口唇ヘルペスの症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談