どのような症状で
お困りですか?
  • 現在57歳ですが、20代の頃から左足を引きずるようになり、…

    現在57歳ですが、20代の頃から左足を引きずるようになり、だんだんとその症状は悪くなり、検査の結果、痙性対麻痺と診断されました。

    現在は、整形外科から処方されている「テルネリン」で、筋肉のこわばりを抑えています。

    何か対策はありますか?

    2018.08.08 17:12
医師からの回答

はじめまして。痙性対麻痺があるのですね。筋肉のこわばりをコントロールするにはテルネリンは効果的ですが日々のリハビリも重要です。日ごろから適度な運動やストレッチ、温かいお風呂でゆっくりつかったり、マッサージも効果的です。またこわばりの症状が強いようであれば他の薬もありますので一度整形外科の主治医に相談されてみても良いと考えます。またいつでも相談ください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
こわばりの症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談