どのような症状で
お困りですか?
  • 20代 女性

    先程質問した者です。写真を添付します。大脳白質病変について…

    先程質問した者です。写真を添付します。
    大脳白質病変についてお尋ねです。

    当方22歳で、左頭頂葉白質に大脳白質病変があります。
    昨年5月に1箇所発見されました。
    たまたま一昨年にもMRIを撮っていたので、見返すと同じところに同じものがあったそうです。(一昨年は病変に気づかれてなかったみたいです。)
    昨年5月の時点では、病変の増加は見られませんでした。

    ネットで論文などを見ると、若くして白質病変がある人は将来脳卒中のリスクが増えるということを知りました。また、20代の方で最初は1箇所だったものが5年後には3箇所に増えていたという事例も見ました。

    脳卒中のリスクが高くなるというのは本当なのでしょうか?また、本当ならばどのように予防していけばいいのでしょうか?
    高血圧などはありません。

    とても不安です。お答えいただければ幸いです。

    2021.02.22 21:01
医師からの回答

基本的には基礎疾患にはあたらないので必ずしもリスクが上がるわけではないと思います、画像を説明した主治医にも再度確認しましょう

運動面では1日30分以上の有酸素運動をする、食事面では3食バランスよく、揚げ物ばかりはさけて、海藻類などの食物繊維をしっかりとりましょう。糖質過剰になりすぎずに間食もさけることも重要ですね。また睡眠は6時間以上しっかりとりましょう。

少しでも参考になれば幸いです。また何かお困りがございましたら気軽にご相談ください。お大事にされてください

こんばんは。ご相談ありがとうございます。

お写真もありがとうございます。
家族歴があったり、内科的な病気がある場合将来的に脳卒中のリスクが高くなると言う事はあるかもしれません。

それを防ぐためには、高血圧や高脂血症、糖尿病などにならないように注意し、普段の生活でも脂っこい食べ物を控えたバランスのとれた食事をとる、適度な運動を行う、適正体重を維持する、ストレスをためない、早寝で睡眠を充分取るなどが大切になると思います。

ご家族に脳の病気や心臓の病気、また高血圧、糖尿病、高脂血症などの方はいらっしゃいますでしょうか。

やはり、これが神経変性によるものか、虚血によるものかで違いますね。
写真からは判別出来ません。
主治医の先生に良く聞いてもらう必要があります。

どうぞお大事になさってください。少しでも参考になれば、幸いでございます。
またお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
ご質問をありがとうございました。

ご相談ありがとうございます。
MRIで大脳白質に巣状の小さな病変部が指摘されており古い小さな梗塞巣など、慢性の虚血性病変で良いと思います。
やはり局所での血流低下があったものと思いますが、その程度の小さな病変ですと症状は出ないはずだと思います。
このような病変がある方はやはり、脳梗塞のリスクは高いと思いますので、高血圧や高脂血症、動脈硬化、糖尿病、喫煙などの血管のリスク因子を避け、また脱水や極度のストレスなど血液の粘稠度を上げるようなリスクを避けていくことが重要だと考えます。
今回画像で指摘されたことを前向きに捉えて、規則正しい健康的な生活を送るようにしてください。
少しでもご参考になれば幸いです。
お大事になさってください。

質問、有難うございます。
内容を拝見しました。

実は、人間は、若年者の内から小さな脳梗塞(大脳白質病変を含む)を繰り返していると言われます。
勿論、高血圧・糖尿病・脂質異常症が有ると、その頻度が増します。

ゆえに、健康な方でも、同様の所見は有る、といった話になります。
若いうちに所見が多い方は、加齢と共に、もっと増えやすいと考えます。

回答は以上です。
他に疑問が有りましたら、気軽に相談してください。

ご相談ありがとうございます。
画像が小さいので完全には確認できませんが、確かに病変を認めます。まだお若いので、一度神経内科を受診してみて、一通り頭部関連の検査を受けられる方がいいように思います。主治医とご相談いただき今後の治療方針を決められる方がいいように思います。それでは私からの回答は以上になります。

アドバイス : 受診を勧める

御相談頂きありがとうございます。

大脳白質病変ですが、認知症や脳卒中のリスクとなります。

まずは生活習慣病の予防が大切で、①肥満にならない(BMI25以下にする)、②痛風予防、③禁煙する、④十分な睡眠時間の確保)(7-8時間)、⑤ウォーキングなどの有酸素運動をする等が進行を抑えるうえで重要となります。

少しでもご参考になれば幸いです。

ご相談いただきありがとうございます。
お若い方ですが頭部のMRIを何度も取られているので、何かきっかけや先生の思い当たる節はあったのでしょうか?白質病変はいろんな要素がありますが、これ自体単体で大きく脳しょっちゅうのリスクが高くなったりするものではないと思います。
脳卒中の予防となればとにかく血管への負担を抑えることですので、規則ただしい食事運動習慣を心がけることと思います。

脳卒中の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談