どのような症状で
お困りですか?
  • 約20年近くパニック障害・自律神経失調症で通ってましたが……

    約20年近くパニック障害・自律神経失調症で通ってましたが…今年に入り、たまたま頭痛でかかった脳神経内科の先生より、心療内科の薬・治療が変わらず症状も変わらなかったので、薬の見直しをしてもらい今月頭からワイパックス1日3回から2回に。他に五苓散・ミドドリンのみ飲んでます。他に2種類ありましたが、それは止めました。が、なかなか横揺れの目眩が取れず…脳神経内科の先生から総合病院の精神科へ紹介してもらい行きました。そこでは、ワイパックス1日2回だけで良いとの事で言われました。私も、薬減らして毎日健康で過ごしたいので、頑張ろうと思ってます。何度か自分ではない感覚があり、クラクラする目眩が取れず怖いです。精神科の先生も、脳神経内科の先生も薬は要らないと言って減らす方向で行ってますが、不安等どうしたら落ち着くのか、教えて頂きたいのと「運動療法」と聞きますが、どちらの先生からもアドバイスがもらえないので、自分で何かをしないとです。一番効き目がある療法ありますか?食べ物や運動…頑張ろうと思ってますので、アドバイス等教えて頂けたら幸いです。

    2021.02.24 19:16
医師からの回答

こんばんは。ご相談ありがとうございます。

精神科の医師も脳神経内科の医師もお薬を減らす方針で治療を行っていらっしゃるのですね。どうしても長年内服していたお薬の関係で体調不良が出るかもしれませんが、 お薬を必要最小限に減らす事は大切ですので、今は不安になることもあるかもしれませんが、体調をよくするために、と考え乗り切ってみてください。
お薬を減らしたら、お薬をやめたら体調が悪くなるのではないかと考えるのではなく、必要ない薬を減らしているのだから、と考え方を変えてみると良いかもしれません。

運動は気分転換も兼ねてウォーキングなどいかがでしょうか。周りの風景や植物などを楽しみながら歩いてみると良いと思います。またご家庭内であればラジオ体操なども良いかもしれませんね。

また何かありましたらいつでもご質問ください。どうぞお大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。こんばんは。
長い経過のパニック障害などで、原因不明のメマイ症として治療を受けられて来たようですね。セカンドオピニオンを受け入れられて、精神科での診断の結果、薬物をだいぶ減らしていくご決断をされたようですね。これまでの長い経過から、不安時の対応についてはお困りに成るかと思いますが、運動療法などよりも、認知行動療法などの方が、ご相談者さんの治療には有効では無いかと思います。ただ、この治療方法は、ご自身でどうにかすると言うものではなく、精神科での治療方法の一つなので、新たなかかりつけ医にご相談されてはいかがかと思います。よくご相談くださいね。
お大事にどうぞ。うまく症状が落ち着くと良いですね。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
ワイパックスを一日二回で慣れるまで辛いと思いますが、諦めずに頑張りましょう。
運動療法についてですが、運動に対する考え方は患者さんによって異なります。
ご自身が毎日続けられそうな方法を考える必要があります。
コロナと花粉のことは忘れましょう。
例えば毎日近くの公園まで往復して30分歩いたり、自宅で60分座らない時間を作ったり、タイマーで計りながら座らない時間を作るだけでも違います。
腹筋、背筋、腕立て伏せなども少ない回数から少しずつ行いましょう。
無理せず、自分なりに毎日可能な方法を考えていって下さい。

ご相談ありがとうございました。眩暈でお悩みなのですね。眩暈の原因として脳梗塞などの中枢性眩暈と、頭位眩暈やメニエールなどの耳鼻科的眩暈、脱水や貧血、不整脈、自律神経失調でも起きる可能性があります。初期対応としては暗所での安静、刺激を避ける、充分な水分や適度の塩分の摂取、急激な動作(起立や振り返りなど)をひかえられてください。また自律神経失調には就寝起床時間を一定にする、起床時に朝日を浴びる、日中の適度な運動をすることで自律神経を調整することもあります。まずはご無理のない範囲で継続されてみてください。

ご相談ありがとうございます。
不安を落ち着かせる方法ですが、どんな運動でもいいと思います。一番簡単なことは散歩程度のウォーキングでいいと思います。運動をしていると体を動かすことに集中して、まぎれて他の物事をかんがえなくなるのでいいのではないかと思います。リラックスすることが大切です。それでは私からの回答は以上になります。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご質問ありがとうございます。
ご自身のお身体のことでありご心配だと思われます。
めまいの原因が器質的なものでないのであれば、日常生活の充実度をあげていき、ストレスをためないような生活をしていくのが大切です。
散歩やストレッチ、軽い筋トレなども有効です。
すこしでもご参考になれば幸いです。
今後ともお大事になさってくださいね。

御相談頂きありがとうございます。

運動療法ですが、パニックを含めうつ病などの精神科の多くの病気の治療に有効です。

具体的には有酸素運動が有効ですので、まずはウォーキングやジョギングなど出来る範囲で15~30分ほど毎日行っていただければと思います。

その他のセルフケアとしては①瞑想やヨガ、②鍼灸治療、③ハーブティー(カモミールやジャスミン)、④ヒーリングミュージック、⑤十分な睡眠時間の確保(6~7時間)が有効です。

ご相談いただきありがとうございます。
これまでパニック障害や自律神経失調症で心療内科に通院されており、頭痛でかかった脳神経内科に変わられたのですね。お薬は飲み合わせや相性のこともありますので、よきご自身にあう方法を相談できれば幸いです。運動療法もとてもおすすめで、朝起きたら太陽の光を浴びながら二十分ほど散歩していただくのが良いと思います。

自律神経失調症の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談