どのような症状で
お困りですか?
  • Icon men

    60代 男性

    認知症と統合失調があるのか、別人格が存在するのか。認知症の…

    認知症と統合失調があるのか、別人格が存在するのか。

    認知症の母親は普通の時はいいんですが、夜になると、自分で大切な物をしまって無くなったとか、盗られたとか、誰かの責任にして大変です。
    認知症と統合失調があるのか、もしくは、別人格が存在しているのでしょうか。

    現在の認知症や統合失調の一般論についてや、薬の紹介などは結構ですので、それ以外で個別の対応をしていただきたいと思っています。

    2018.08.07 15:09
認知症の症状をお持ちなら
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。 老年内科・心療内科を担当しています松永と申します。認知症とは、生後これまでに獲得した認知機能が、何等か病気の影響で失われ日常生活や社会生活を営めなくなる状態をさします。認知症の原因とし多いのが、アルツハイマー型認知症です。アルツハイマー型認知症の主な症状の一つが記憶障害で、ここ最近の記憶が障害されます。そのため、自分で物を置いた場所を忘れてしまい、物がなくなったと考えるようになり、そこから誰かに盗まれたという妄想をいだくことがしばしばあります(これは、もの盗られ妄想とよばれています)。お母様のエピソードを拝見する限りは、物とられ妄想ではないかと思います。物とられ妄想の場合は、本人の話を否定しない事、一緒に探すこと(家族が見つけた場合は、家族が本人になくしものを持っていくのではなく、本人を見つけた場所に誘導して、できる限り本人に見つけさせてあげてください。家族がなくしものを持っていくと、家族が盗んだと訴えることがあります)、別のことへ話をそらすなど対応が一般的です。
一方で、統合失調症は多くは20?30歳前後で発症する若年性の精神疾患で、高齢者で発症することは極めて稀です。統合失調症の妄想には、「誰かに監視されている」、「盗聴器が仕掛けられている」といった注察妄想、「今日庭に花が咲いたのは自分が組織から狙われるサインだ」といった妄想知覚(知覚に対する特別な意味付け)、「世間に自分の悪い噂を流されている」といった被害妄想など様々ございますが、多くはなかなか理解のできない内容です。
以上から、お母様のお話の内容を見る限りは、統合失調症の可能性は低くのではないかと思います。

この症状に近い健康相談

Loding