どのような症状で
お困りですか?
  • ALSと診断されて10数年が経過。自立歩行が可能、PLSと…

    ALSと診断されて10数年が経過。

    自立歩行が可能、PLSという単語のカルテを見ました。

    足を一歩も踏み出せないことがある時もあり、この先、どうなるのか不安です。

    主としてリルテックを服用中ですが、進行の有無について教えてください。

    2018.09.10 00:00
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。
ALSと診断されて10年以上経過されているのですね。
毎日ご不安が絶えないかと存じます。

基本的には進行性の病気ではありますが、進行を少し遅らせることができる内服薬として、今使われているリルテック(リルゾール)とラジカット(エダラボン)という点滴が認可されています。また、大学病院の神経内科などでは治験というまだ認可されていない新しい薬の試験を行っている施設もありますので、患者さんの希望と条件が合えば参加できます。
進行のスピードは患者様によって様々ですが、中には人工呼吸器を使わないでも10数年の長期間にわたって非常にゆっくりした経過をたどるケースもあります。

今後医学の発展とともに、新しい治療薬が開発される可能性は十分にありますので、希望を持って過ごされてくださいね。

また何かあればご相談ください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
リルテックについて医師にご相談ください。

この症状に近い健康相談