どのような症状で
お困りですか?
  • 30代 女性

    上京をして早3年経ちます。以前、電気とテレビを消して睡眠を…

    上京をして早3年経ちます。
    以前、電気とテレビを消して睡眠をしたときに金縛りと強い耳鳴りにあい、強い恐怖感をもちました。
    それからは、電気とテレビを一晩中つけてないと眠ることができないです。
    誰かが部屋に一緒にいれば暗くても、テレビが消えていても眠ることができます。

    金縛りは霊の仕業だというメディアからの思い込み、生活リズムの崩れそれを少しでも治そうと思えば思うほど治せなくなります。

    仕事が連勤続きで久しぶりの休日でも、疲れが溜まり気づけば一日中寝てしまい、金縛りにもあいます。

    小学6年生くらいから9年間この症状にときどき悩まされています。

    少しでも改善する方法、予防方法はありますか?
    安心して恐怖感のない睡眠を少しずつでもとりたいです。

    2018.09.23 05:34
医師からの回答

御相談ありがとうございます。
その後はいかがでしょうか。

お書きのように不規則な生活やストレスで金縛りが起きやすくなる傾向があります。
金縛りは霊の仕業ということはないですので早寝早起きの規則正しい生活をし、ストレスがあればその対処を行うと症状が出にくくなるかもしれません。またあおむけより横向きで寝たほうが金縛りになりにくいこともありますので試されてはどうでしょう。 
それでも睡眠障害などあれば心療内科や睡眠障害外来などでご相談されてみるといいかもしれません。

また何かありましたらご質問ください。お大事になさってください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございました。金縛りに悩まされているとのことですね。金縛りは医学的に「睡眠麻痺」と呼ばれ、睡眠障害のひとつになります。人間は寝ている間に深い眠りのノンレム睡眠と、浅い眠りのレム睡眠の2種類を交互に繰り返していますが、ストレスなどが原因でこのリズムが崩れてしまう場合があります。睡眠リズムが崩れることにより睡眠麻痺、いわゆる金縛りになってしまうのです。通常の睡眠はノンレム睡眠から入り、レム睡眠、ノンレム睡眠の順で繰り返していきます。
しかし、ストレスや不規則な生活習慣などの影響でこの睡眠リズムが崩れるとレム睡眠から入ってしまい、体は寝ているので動けないのに脳は起きたまま意識はあるため金縛り(睡眠麻痺)になってしまいます。
金縛りになったら思い出して欲しい対処法をお伝えしましょう。金縛りになった場合でも目はキョロキョロと動かすことができます。これは金縛りがレム睡眠中であるためです。レム睡眠中は、寝ている間も目が動くという特徴があります。
金縛りになったらまずは落ち着いて深呼吸をし、目を動かして自分は起きているんだという自覚を持ってください。
それでも動けるようにならなかったら、諦めて寝るしかありません。無理に動こうとしても、体は麻痺しているので動けません。
たとえ幽霊のような恐い幻覚が見えても「これは夢だ」と冷静に、再度目を閉じて寝てしまいましょう。
金縛りは10代後半が最も起こりやすく、年を重ねる毎にだんだん起こりにくくなっていきますが、頻繁に起こるようであれば、日頃の生活を改める必要があります。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
強い恐怖感が睡眠の時だけお感じになるようであれば、睡眠薬や抗不安薬等の睡眠を助ける薬を服用する方法があります。日中も不安や緊張感が強いようであれば、その経過について詳細に検討してから対応方法を決めることが必要です。いずれの場合にも、自己判断で対応することは不安を長引かせてしまう可能性があり、精神科もしくは心療内科で相談いただくことを検討ください。
参考になれば幸いです。

アドバイス : 受診を勧める
疲れの症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談