どのような症状で
お困りですか?
  • 50代 女性

    孫が新生児黄疸で光線療法を受けました開始して3時間後授乳に…

    孫が新生児黄疸で光線療法を受けました
    開始して3時間後授乳に行った時、絆創膏タイプのアイマスクの光の遮断部分が目を覆っていない(上にずれた状態)にあったので貼り直すようにお願いしましたが、そう見えるだけと言って直してもらえず、その3時間後の授乳時やはり気になるので申し出ると前回とは違った看護師さんはずれてることをわかってくださり張り替えてもらえました
    この6時間程の状態が今後、目に対する影響がないか不安に思っています
    2日後、連携している小児科の先生に相談する機会があり、絶対ないとは言えませんがまず大丈夫でしょうと言われました
    横に婦長さんもいらっしゃって忖度といいますか安心するように言ってくださいねみたいなのがあるのではと思ってしまいました
    今後、気をつけておいた方がいいことを教えて頂きたいです
    病院の方にはこういうことがあったという書面を頂いておいた方がいいでしょうか?
    お詫びの言葉は頂いています
    1ヶ月検診の時も不安に思っていることはお伝えしようと思っています

    2018.10.13 08:05
医師からの回答

御相談ありがとうございます。
お孫さんのことでご心配かと思います。

新生児の黄疸に対する光線療法では 眼底網膜に障害を起こさないように両眼遮蔽を行います。今回上方にずれていたとのことですが恐らくお子さんは目を閉じていたことがほとんどだったと思われますし、もし両眼が遮蔽されていなかったとしても網膜の障害は起きなかったという報告もあるようですので恐らく問題ないことが多いと思います。

ただ視力に影響が出るかどうかは今後様子を見ていく必要があると思いますので 視力の発達に関して注意していってあげるといいと思います。

また何かありましたらご質問ください。

新生児黄疸の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談