どのような症状で
お困りですか?
  • 30代 女性

    先日、健康診断でピロリ菌感染の疑いと結果がでました。(数値…

    先日、健康診断でピロリ菌感染の疑いと結果がでました。(数値は17.5)
    年齢は20代前半で感染を疑う要因としては、今年の3月、皮膚疾患を患い6月末までステロイドを服用していたことくらいしかありません。
    今度、病院に行って精密検査を受けようと思うのですが、診療所の内科か病院の消化器系に行くべきか悩んでおります。
    どちらの病院にかかれば良いでしょうか。

    2018.10.16 22:51
医師からの回答

御相談ありがとうございます。
一般的にピロリ菌の感染時期については、胃酸の分泌や胃粘膜の免疫能の働きが不十分な幼小児期に感染すると考えられています。

精密検査には胃カメラ検査ができるところであれば診療所の内科でも病院の消化器内科でもいいと思いますが クリニックなどは検査ができるか事前にお電話で確認されておいたほうがいいと思います。

また何かありましたらご質問ください。お大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

はじめまして。ご相談いただき、ありがとうこざいます。それは心配ですよね。ピロリ菌の検査は、ABC法でしたか?更に詳しい検査をする必要が、ありますので、自覚症状がなくても、けっしてそのまま放置せずに、今回の検査結果を待って、お近くにある、内視鏡検査の出来る、消化器内科の病院を、受診なさることを、お勧めします。お大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございました。ピロリ菌は、ほとんどが幼児期に感染すると言われています。幼児期の胃の中は酸性が弱く、ピロリ菌が生きのびやすいためです。そのため最近では母から子へなどの家庭内感染が疑われています。ピロリ菌は慢性胃炎や胃十二指腸潰瘍だけでなく早期胃がんのリスクが高まりますので感染があれば除菌治療(1週間の内服治療)が必要です。除菌するには胃カメラ検査での萎縮性胃炎を確認する必要がありますので一度消化器科のある病院を受診されることをお勧めいたします。

アドバイス : 受診を勧める

こんにちは。
ピロリ菌のことでお困りなのですね。
内科の診療所でも、病院の消化器内科でも、対応は出来ると思います。診療所が、消化器内科を標榜していたり、内視鏡をやっているのであれば、安心だと思います。
また、ピロリ菌は小児期に感染することが多いとされていますので、ステロイドの内服は関係ないようにも思います。
どうぞお大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
ピロリ菌は胃粘液の中に住みつく菌で、未治療のまま放置すると慢性胃炎、胃十二指腸潰瘍、胃がんなどを引き起こす可能性があるとされています。
ピロリ菌は、主に食べ物や飲みものなどを口からとる際に感染し、感染時期としては体の免疫機能が十分に発達してない乳幼児期が多いと推測されています。
ピロリ菌の検査と除菌、除菌判定には、胃カメラを使用する方法と使用しない方法(尿素呼気試験など)があります。検査と除菌にいずれの方法をとるかは胃の状態・症状の有無にもよりますため、どちらの方法も実施可能な病院への受診がよろしいかと思います。
参考になれば幸いです。

アドバイス : 受診を勧める

はじめまして。ピロリ菌感染が疑われているのですね。ピロリ菌の保菌は特に症状がない場合が多いですが胃炎やまれには胃がんにつながるといわれていますので除菌することがすすめられます。ご心配であれば一度消化器内科に受診して診察、検査をうけて相談されることをお勧めします。診療所でも治療可能なところはあると考えますがご心配であれば総合病院に受診されてもよいと考えます。またいつでも相談ください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。

健康診断でピロリ菌の検査とのことですが、血液中の抗体価をお調べになられたものと思われます。

ピロリ菌の感染時期については、胃酸の分泌や胃粘膜の免疫能の働きが不十分な幼小児期に、感染している保護者が離乳食を噛んで与える行為などにより感染すると考えられています。成人になってからは、急性胃粘膜病変を起こすことはありますが、一過性感染で終わる可能性が高いと考えられています。従いまして、おそらく幼少期にすでに感染していた可能性が高いと思います。

ピロリ菌がいる場合は、やはり胃癌発生のリスクを下げる意味もあり、除菌治療が望ましいわけですが、除菌治療を保健医療で行うためには、その前に、内視鏡検査(胃カメラ)によりヘリコバクター・ピロリ感染胃炎であることを確認することが必須となっています。そのため、胃腸科や消化器科などで、内視鏡検査ができるところを受診されるとよろしいかと思います。お大事なさってください。

アドバイス : 受診を勧める
皮膚について医師にご相談ください。

この症状に近い健康相談