どのような症状で
お困りですか?
  • 20代 女性

    萎縮胃炎c-Iと逆流食道炎があります。刺激な食べ物を食べる…

    萎縮胃炎c-Iと逆流食道炎があります。刺激な食べ物を食べる以外に、たまに暖かい牛乳を飲むと吐き気、胃痛、下痢があります。痛んでるところを強く抑えると少し緩和されます。

    2018.10.27 23:42
医師からの回答

御相談ありがとうございます。
牛乳でそのような症状がでるのであれば乳糖不耐症などかもしれません。
これは牛乳を飲むと腹部膨満や下痢、鼓腸、吐き気などが出るものです。牛乳の中に含まれる乳糖を分解するラクターゼという消化酵素が小腸で分泌不足になると起こりやすくなります。

温めた牛乳は大丈夫だけとも冷たいものはダメという方もいますが 温かい牛乳がダメなのですね(冷たい牛乳はどうでしょう)。

乳糖不耐症の方は牛乳を避けたり お腹がゴロゴロしない牛乳などを選んで飲むといいかもしれません。

また何かありましたらご質問ください。

ご相談ありがとうございました。温かい牛乳を飲むと胃痛、下痢、嘔気が出現するのですね。萎縮性胃炎と逆流性食道炎がこの症状と関係があるかは不明です(どちらかというと胃痛以外に呑気や胸焼けなどの症状が多いです)。牛乳などの乳製品で下痢しやすくなる人も多いです。症状が続くようであれば一度消化器科のある病院を受診されることをお勧めいたします。お大事にしてくださいね。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
食道炎の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談