どのような症状で
お困りですか?
  • 現在新生児に授乳中ですが、パブロン50錠は服用しても大丈夫…

    現在新生児に授乳中ですが、パブロン50錠は服用しても大丈夫でしょうか?
    成分は1回量4 錠中
    アセトアミノフェン 150mg
    グアヤコールスルホン酸カリウム 80mg
    麦門冬湯乾燥エキス 600mg
    (下記生薬の抽出乾燥エキス)
    バクモンドウ(麦門冬) 533.3mg(12 錠中 1600mg)
    カンゾウ(甘草) 133.3mg(12 錠中 400mg)
    コウベイ(粳米) 666.7mg(12 錠中 2000mg)
    タイソウ(大棗) 200mg(12 錠中 600mg)
    ニンジン(人参) 133.3mg(12 錠中 400mg)
    ハンゲ(半夏) 333.3mg(12 錠中 1000mg)
    添加物:無水ケイ酸、ケイ酸Al、カルメロースCa、ステアリン酸Mg、トウモロコシデンプン
    です。
    薬の添付文書には授乳中の人に対する注意書きはありませんでした。
    ご回答お待ちしています。

    2018.12.02 09:19
医師からの回答

御相談ありがとうございます。

風邪をひかれてしまったのでしょうか。
お示しのお薬ですが 授乳中でも問題になる成分ではなさそうです。
漢方成分の中でも 大黄の入った漢方薬は授乳中は服用を避けるか、授乳を一時中止したほうがいいのですが(母乳中に移行して乳児に下痢を起こす可能性がある)それも含まれてはいないようです。

また何かありましたらご質問ください。
お大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。解熱成分もアセトアミノフェンという授乳中に使える成分ですし、その他の生薬の成分も授乳中につかえるものだとおもいますので、授乳中に使って問題ないとおもいます。また内服後に授乳までに間をあける必要もないとおもいます。育児で時間がとれないとおもいますが、睡眠をしっかりとり、休養するとよいと思います。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございました。大正製薬から販売されている風邪薬のパブロンには、さまざまな種類があります。授乳中には使用できないものがあるため確認が必要です。ただこちらのサイトでは使用可能とされています。(https://www.natural-pharmacy.jp/jp/static/sp/mother.html)。総合感冒剤は多くの成分が含めれているためご心配なら薬剤師にご相談されたり、病院で授乳中に使っても安全とされる薬剤を内服されることをお勧めいたします。

乾燥の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談