どのような症状で
お困りですか?
  • Icon woman

    30代 女性

    先日、鉄欠乏性貧血と診断され、鉄剤を服用する事になったので…

    先日、鉄欠乏性貧血と診断され、鉄剤を服用する事になったのですが、その時先生に鉄分の多い食事をした方がいいのか聞いた所、悪くはないけどあまり意味がないと言われました。
    そこで何故なのか聞けば良かったのですが、その時はそうですか、と納得してしまい、そのまま帰宅してしまいましたが今になって気になってしまいます。
    食事では補えないほど悪いと言う意味なのか、そもそも食事で気を付ける事に意味がないのか、どちらなのでしょうか?
    貧血は、食事で改善されるものではないのでしょうか、よろしければご回答お願いします。

    2019.01.10 18:58
医師からの回答

御相談ありがとうございます。

鉄欠乏性貧血であれば基本的には食事でも鉄分摂取を意識されるのはいいことだと思います。主治医がそのように言われたのは貧血の程度が強めということなど何かあるのかもしれません。
(ヘモグロビンはどのくらいでしょうか)。

また女性の場合 過多月経など生理が原因のこともありますが貧血の原因については何か言われていますか。そのあたりもお聞きになっておくといいと思います。

こんにちは。
貧血のことでお悩みのことと思います。
鉄欠乏性貧血の場合、鉄剤の内服を行うことが多いです。理論的には、食事で鉄を多く取れば回復するようにも思いますが、食事に含まれる鉄分は量が限られており、実際に貧血が改善するのにかなりの時間を要します。
現実的には、鉄剤の内服で、不足している鉄を補い、貧血が改善してきたところで、内服は終了し、以後また貧血に戻らないよう、鉄分の多い食事を心がけ、ヘモグロビン値を維持する、という事になるでしょう。
どうぞお大事になさってください。

ご相談ありがとうございました。鉄欠乏貧血についてですね。鉄欠乏性貧血治療の基本は、食事によって鉄を摂取すること、いわば食事療法にありますが、何らかの理由で、どうしても充分にできなかったり、あるいは貧血の症状が重い時には、鉄剤を用います。そのため鉄剤を内服されているのであればあえて鉄分の多い食事を摂取しなくてよいということで主治医が仰ったものと思われます。貧血の原因は鉄分不足以外にも出血などの二次的なものもあります。ですのですべての鉄欠乏性貧血が食事で改善するわけではありません。

ご相談ありがとうございます。内科医です。
担当医の先生の意図を十分に汲み取れたかはわかりませんが、恐らく鉄剤だけで十分に補充されるという意味ではないでしょうか。私の考えですが、相談者様が鉄分を含む食事を摂ることは意味があることと思いますし、そうしておくことで内服が不要になったあとの再発を防げる可能性があります。
寧ろ鉄欠乏の原因についての説明はありましたか?お若い女性の場合、生理出血が多い、子宮筋腫があることなどが原因として多いですが、それらを疑う様子がない場合は別の原因も検討することが望ましいかと思います。
通常は貧血が回復しつつあるかなどを確認したり、十分に鉄分が体に補充されたかを確認しますので、再診の指示があったと思います。その時にでも担当医の先生に確認されてはいかがでしょうか。
以上、ご参考頂ければ幸いです。お大事になさって下さい。

アドバイス : 受診を勧める
貧血の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談

Loding