どのような症状で
お困りですか?
  • 30代 男性

    年に3回位、急な腹痛からの排便時に吐き気、冷や汗、手のしび…

    年に3回位、急な腹痛からの排便時に吐き気、冷や汗、手のしびれ、目が回るような感じで座っていられなくなり、そのまま倒れるように床に寝そべることがあります。
    また腹痛をともなわず、急に目の前が真っ暗になり倒れた時もありました。

    2019.04.15 21:27
医師からの回答

御相談ありがとうございます。

恐らく迷走神経反射で脳に行く血流が減ったために 目が回る感じや目の前がぎらぎらする・暗くなる、ひどいと失神を起こしたり 気分が悪くなって吐き気や冷や汗が出たり、しびれなどの症状がでたのだとおもわれます。

これは排便時に力むことで腹圧が上がり心臓に血液が戻りにくくなったり、強い痛みで迷走神経が刺激されて末梢血管が拡張することにより血圧が低下して起こります。

これを防ぐためにはお通じを改善して力まないようにする、お腹の調子を整える、気分が悪くなりかけたら横になって足を上げて休むなどで対処するといいと思います。

これらは毎回トイレで起こる症状でしょうか。もし必ずしもそういう場面以外でも意識消失を起こすことがあれば不整脈などの心臓病がないか調べたほうがいい場合もありますのでその場合は診察をお勧めします。

また何かありましたらいつでもご質問ください。

こんにちは。
突然の湿疹でお困りのことと思います。
ご記載の状況からは、迷走神経反射による不整脈や血圧低下を原因とした湿疹の可能性があると思います。排便それ自体や、息んだことにより、反射が起こり、徐脈性の不整脈や、血圧低下が起こるものです。
失神を生じている場合は、治療対象となりますので、一度循環期内科で相談されることをお勧めします。
どうぞお大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める
吐き気の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談