どのような症状で
お困りですか?
  • 以下、妻(37歳、およそ3年前に第1娘出産)の話になります…

    以下、妻(37歳、およそ3年前に第1娘出産)の話になります:

    咳喘息の症状が悪化した際、みぞおちか胃のあたり→右下腹部の痛みを感じて最初は咳による筋肉痛かと思っておりましたが、痛みが悪化し酷いと動けなくなる程でしたので、総合病院を夜間受診いたしました。

    当初は虫垂炎疑いということで入院しましたが、CT・レントゲン・胃カメラ・血液検査などしても外科的な症状は認められず、経過観察と共に数日の絶食点滴で抗生剤投与、安静した結果軽快はしました。
    しかし右下腹部→左下腹部に痛みの中心部が移るなどしつつ、痛みは和らいでいったものの治った感覚は薄く、数日が経過しました。
    結局診断として虫垂炎は否定されて腸炎後便秘症を主原因とされ、血液検査でも炎症の数値が通常値になったということで、不明点が多いままに本日退院となりました。

    退院後は予後を見つつ、腹痛時に備えての鎮痛薬を2種類ほど渡されております。

    2019.04.17 13:23
医師からの回答

御相談ありがとうございます。

下腹部痛で検査をしたけども炎症の数値が上がっている以外は特に異常は見られなかったのですね。炎症所見も腸炎のためだったとのことでしょうか。

今後もし痛みが再発するようであれば大腸カメラなどの検査もしてみてもいいかもしれませんね。
症状が出るようあればまた主治医によく見てもらってください。

また何かありましたらいつでもご質問ください。

こんにちは。
奥様のことでご心配のことと思います。
ご記載の経過ですと、虫垂炎を疑いつつも最終的には否定され、はっきりとした診断がつかなかったとしても、不審ではないと思います。
症状がないと診断は難しいので、診断がつく前に治ってしまうと原因がはっきりしないと言うこともあります。
また、経過だけを見ると、肋骨や肋軟骨の骨折はありそうにも思えましたが、痛みが右から左に移動したり、下腹部とすると考えづらいです。
今回は、もらったお薬を必要に応じて使いながら、様子を見るしかないように思います。
再度症状が繰り返すようでしたら、また受診してみてください。診察を繰り返すうちに診断がつくこともあります。
どうぞお大事になさってください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございました。当初の痛みの出方(心窩部痛から右下腹部痛への移動)は急性虫垂炎に典型的ですがCT検査などで否定されたのですね。このようないわゆる急性腹症で初診時に診断がつかないことは3割程度あります。そのほとんどは自然軽快することが多いですが、奥様もそのような可能があります。下腹部痛がメインで炎症の数値も高かったとすると女性の場合骨盤性腹膜炎などの可能性もあります。いずれにしても検査をしっかり受けられ異常が無く、現在症状が軽快しているのであればこのまま腹痛の再燃がないか経過観察が必要になります。

筋肉痛の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談