どのような症状で
お困りですか?
  • 30代 女性

    簡単に手に入る食材でアルギニンよりリジンの成分の方が多くふ…

    簡単に手に入る食材でアルギニンよりリジンの成分の方が多くふくまれる食材を教えてください。食事からでもヘルペス予防をしたいと、考えてます

    2019.05.20 12:43
医師からの回答

御相談ありがとうございます。
そうであればリジンを多く含む食材を選ばれるといいと思います。先程書いた食材を摂取されるといいと思います。
ピーナッツなどの豆類、大豆製品(納豆・高野豆腐)、乳製品、肉類、魚類(さば))、オートミールなど。

また何かありましたらいつでもご質問ください。
お大事になさってください。

ご相談いただき、ありがとうございます。皮膚科専門医です。リジンは、魚介類や、大豆などの豆類に多く含まれます。アルギニンや、リジンを摂取したからといって、必ずしも、単純ヘルペスにならないわけではありません。単純ヘルペスは、免疫力が低下すると、発症しやすいです。過労や、ストレス、寝不足などに注意して、免疫力が低下しないように、留意されてください。

こんにちは。
栄養素についてのご質問ですね。
日本食品標準成分表2015年版を調べてみました。可食部100gあたりの成分を調べると、
鯨肉がリシン2500mgに対しアルギニン1400mg、
鱧が2300mgに対しアルギニン1400mg、
マダイが2000mgに対しアルギニン1200mg、
和牛サーロインが同1200mgに対し820mg、
ウズラの卵が同960mgに対し750mg、
サヤエンドウが同130mgに対し99mg、
カボチャが同80mgに対し56mg、
ピーマンが同51mgに対し36mg、
カブが同42mgに対し26mg、
トマトが同25mgに対し19mg、
セロリが同20mgに対し13mg、
モモが同16mgに対し8.3mg
などとなっていました。
参考にしてください。

アルギニンについて医師にご相談ください。

この症状に近い健康相談