どのような症状で
お困りですか?
  • 1ヶ月ほど前の暑い日に外出し、出先の冷房の効いたデパートで…

    1ヶ月ほど前の暑い日に外出し、出先の冷房の効いたデパートで悪寒のような痺れる感覚で具合が悪くなり、2日ほど寝込みました。その時熱は最高で37度5分で、自分自身暑いのか寒いのかわからず、とりあえず風邪だろうと思い、長袖長ズボンで汗をかいきながら寝ることにしました。この時市販の風邪薬を使用していました。熱が引いてから現在に至るまでほぼ毎日、悪寒のような痺れる感覚、昼食後から夕食前にかけての吐き気と気持ち悪さ、頭痛、未だに体温調節がうまくいきません。一年ほど前から鬱と診断され、毎日パロキセチン錠、ファモチジンOD錠、ラフラゼプ酸エチル錠を夕食後に1錠ずつ服用しています。通院している精神内科にも相談したのですが、とりあえず薬を飲み続けてくださいと言われるだけで、解決には至っていません。なので、通っている精神内科の先生以外の意見が聞きたく、メールしました。

    2019.06.25 16:39
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。

体温調節がうまくいかないなどは自律神経失調症からきているかもしれませんし内服薬のパロキセチンには副作用で悪寒、ほてり、頭痛、吐き気などの症状がでることもあります。

ただ内服薬は1年ほど前からのまれているということですし1か月前に風邪を引いた後からとなるとまた別の原因かもしれません。

主治医がそうであれば一度内科などで体調がすぐれないことを相談されてみてはと思います。

どうぞお大事になさってください。

悪寒の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談