どのような症状で
お困りですか?
  • 小学1年生の男児です。7月末ごろより肩で息をすうように大き…

    小学1年生の男児です。7月末ごろより肩で息をすうように大きな呼吸をしているので、去年も同じ時期に同じ症状があったので、小児科を受診しました。去年はお腹の調子も良くなかった為、消化器専門家の受診をし、X線では胃と腸に空気がたくさん入っているのも確認しました。呑気症と思っていたのですが、ここ数日は苦しそうな症状も前ほどではなかったので、解消に向かっていると小児科の受診でも呑気は精神的なこと、ということで受診は終わっていましたが、その後も日により大きな呼吸をしていて苦しそうなことがありました。今日は夕方から少し苦しそうだなと思いましたが、夕飯中もとても苦しそうに食べていて、食後も口をもごもごしてげっぷを出しているようなので、聞いてみた所、気道のところが昼ごろからつっかえている感じがして、げっぷが自然と出てくるし、自分でも気道、食道のつまりが気になるからげっぷを無理に出していると言っていました。去年も呑気症状があった時は逆流性食道炎もあると言われました。呑気は歯のかみ合わせから来るものかということで歯医者さんにも確認しましたが、息子のかみ合わせには問題がないとのことで、鼻炎もちなので耳鼻科でも聞いたところアレルギー性鼻炎で呑気ということはあまりないと言われました。どちらにしても何らかのストレスがあるからこのような症状が出ていると思うのですが、今日のげっぷや胸のつまり感からすると、呑気ではなく、食道炎のような感じなのかと思うのですが、子供の逆流性食道炎とはあまりないと思うと、吐いたり、やせたり、等の究極の症状がでないとやはり様子見で片付けるしかないのでしょうか?一応小児科では気管にポリープなどがあるのかもしれないので、実際に見て貰って下さいと言われたので、来週耳鼻科を受診し、その後小児科を受診する予定です。

    2019.08.09 23:03
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。

お書きのようにげっぷや胸のつまり感は、呑気ではなく、食道炎の可能性があるように思われます。

逆流性食道炎であれば

1.胃液の逆流を起こしやすい食べ物を減らす
  脂っこいものや チョコレート・ケーキなどの甘いもの、唐辛子・コショウなどの香辛料、みかんやレモンなどの酸味の強い果物、消化の悪い食べ物などはとる量を減らす。

2.一度に食べ過ぎないように腹八分目を。よく噛んで食べる。

3.緑茶紅茶などのカフェイン、炭酸水を減らす。

4.肥満があれば解消

5.姿勢に注意
  日中は前かがみの姿勢を避け、寝る時は、少し上半身を高くして寝ると、逆流が起こりにくくなります 。

  食後3時間くらいは、胃の内容物の逆流が起こりやすいため、食後すぐに横になったり、寝る前に食事をとることは避ける。
6.おなかを締めつけないようにする
7 ストレスを避ける

など気を付けるといいと思います。
また何かありましたらいつでもご質問ください。

食道炎の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談