どのような症状で
お困りですか?
  • 去年から唇、唇ふちのところどころにが赤くなるようになり、時…

    去年から唇、唇ふちのところどころにが赤くなるようになり、時間がたつと消えます。口唇ヘルペスができたのかな?と疑うくらいの赤みです。そしたら、蕁麻疹と診断されずっとフェキソフェナジンを飲んでました。それと同時に唇の保湿にとプロペトを処方されました。半年くらいあまり、気にならないような感じになり、プロペトを唇に使用しつつ薬をやめたらすぐに赤くなりました。これはプロペトが原因なのでしょうか?プロペトで副作用はないから安心していいよと皮膚科の先生に言われました。でもプロペトをやめたら、赤みはでなくなったようにかんじます。しかし今度はおでこがかゆくなり、あかくなるようになりましたが、赤みがおさまると、白ニキビみたいなものができます。これが蕁麻疹ではなく、ただの湿疹ならもうフェキソフェナジンを飲む必要はないのでしょうか?

    2019.09.05 13:08
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。

プロペトを唇に使用しつつ薬をやめたらすぐに赤くなったということであればプロペトで赤くなるのが抑えられていたのではないでしょうか。ただプロペトをやめたら、赤みはでなくなったともかいてありますので 結局プロペトは塗っても塗らな黒も赤みには関係なかったということでしょうか。。

フェキソフェナジンが効いているかどうかわからなければ一度やめてみて症状がどうなるか見てみてはいかがでしょうか。

ご相談ありがとうございます。
唇とおでこでお困りのようですね。
唇の経過についてですが、プロペとの副作用による可能性を完全には否定できません。フェキソフェナジンを内服していたときは、副作用も抑えられていたようにも考えられます。
おでこについては、何とも言えません。皮膚科を受診されてください。
お大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談いただき、ありがとうございます。はじめまして。皮膚科専門医です。プロペトをやめて、赤みが出ないようであれば、プロペトの外用は中断して良いでしょう。じんましんだけでなく、湿疹の痒みに対しても、フェキソフェナジンの内服は有効です。おでこの痒みがある時には、フェキソフェナジンの内服をお勧めします。お大事になさってください。

湿疹の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談