どのような症状で
お困りですか?
  • 現在、無痛性甲状腺炎(8月下旬に診断書、現在は機能低下症に…

    現在、無痛性甲状腺炎(8月下旬に診断書、現在は機能低下症に入りました)と自律神経失調症(10日程前に診断)を患っています。仕事も休職となりました。

    自律神経失調症については、心療内科で漢方を処方していただいています(煎じ薬ですが、半夏厚朴湯と補中益気湯の成分とのことです)。

    8月上旬から微熱、だるさ、息苦しさが一向に落ち着きません。また、8月頭からの夏バテと重なり激ヤセしてしまい、食欲がだいぶ戻りましたがいまだに体重が増えません。

    そこで教えていただきたいのですが、

    ①だるさが辛く、朝は体が鉛のようで布団から出られない日もあります。もう1ヶ月近くそんな状態なので、散歩してみましたが、20分も歩けばもうだるくてその後具合が悪くなります。体重、体力、筋力すべて奪われた感じです。
    まだ動かない方がいいのでしょうか?

    ②自律神経失調症による息苦しさは、どのようなメカニズムで起こるのでしょうか?
    苦しくなった時に呼吸に気を付けてもなかなかおさまりません。いつになったらなくなるのか…。

    ③食欲がなかなか前のように戻りません。最近はよく噛むようにしているからか時間がかかり、すぐに満腹になってしまいます。
    もっと食べる量を増やしたいのですが、胃への負担を考えると、一日中ダラダラ食べることはやめた方がいいのでしょうか?
    22時過ぎにお腹がすくこともありますが、0時頃には寝るので食べずに我慢しています。

    ぜひ、アドバイスをいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

    2019.09.21 22:39
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。
無痛性甲状腺炎からの甲状腺機能低下症と自律神経失調症でお困りのようですね。
まず、呼吸困難が、自律神経失調症によるものかは、何とも言えません。こちらは、主治医の先生とよくお話しされてください。
倦怠感と食欲不振と体重減少などは甲状腺機能低下症の症状と考えます。甲状腺機能の治療が必要と考えます。こちらも主治医の先生とよくお話しされてください。
お大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございます。

1 だるさがある場合は体が休めというサインを出していると考えて無理せず休んだほうがいいと思います。
甲状腺機能低下症は治療でよくなってきていますか。

2 自律神経失調症だからといって息苦しさが出るとは限りませんが 息苦しさは自律神経失調症からきているといわれていますか。呼吸疾患や消化器疾患(逆流性食道炎)などでも息苦しさが出ることもありますがそれらは問題ないですか。

3 すぐに満腹になってしまうのは機能性ディスペプシア
などかもしれません。ストレス性の疾患でアコファイドや漢方(六君子湯など)が処方されることがあります。
この場合は一度にたくさん食べれませんので少量頻回摂取がいいと思います。 食事以外に間食としてそこで 軽食をとるといいと思います。

また何かありましたらいつでもご質問ください。お大事になさってください。

微熱の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談