どのような症状で
お困りですか?
  • 40代 男性

    半年前から肩が痛く上や横、後ろに腕を回すことが痛くなってお…

    半年前から肩が痛く上や横、後ろに腕を回すことが痛くなっており、先日整形外科を受診しMRIを撮ったところ腱板損傷と言われました。
    手術するほどではないと言われリハビリを勧められましたが、リハビリをすれば肩が以前のように痛みなく回すことができるようになるのでしょうか?
    何もしなければ痛みはほとんど無いため痛み止めなどはもらっていません。
    よろしくお願いいたします。

    2020.01.13 23:06
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。

腱板損傷の場合、最初は炎症による痛みが生じますが、やがてその痛み治まってきます。ただその後損傷部位の痛みが続く場合もありますので、動かした場合痛みが出る(残る)可能性もあります。
これは個人差がありますので損傷部位が小さく狭い範囲であれば痛みも出にくいかと思いますし、損傷部位が広がっていくようであれば痛みも出やすくなる可能性もあると思います。

リハビリを続けながら、痛みが出る動作は避けると良いと思います。
また何かあればご質問ください。どうぞお大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。
腱板損傷の診断を受けたということですね。
現時点では、手術をするほどの状態ではないようですので、運動療法をされて、肩の運動機能の維持をされたほうがよいかと考えます。症状の現状維持ができないようになると手術適応となることもあります。
ご参考になれば幸いです。お大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
肩の痛みがあり、ご心配の状況と思います。
腱板損傷では、腱板の変化をもとにさまざまな程度の障害(外傷)が加わり、症状が出現します。このため、軽度のものであれば、痛みと筋力低下が主になります。治療では、腱板が完全に断裂している場合には手術が実施されますが、それ以外ではリハビリや薬物療法が実施されます。
ご相談者様のケースでは、後者にあたると思われ、リハビリによる筋力改善も目的になると思います。筋力の向上により、肩の動きは改善することが考えれますが、腱板自体の変形と損傷は残るため、場合によっては、リハビリ後も痛みが残る可能性があります。
腱板の損傷程度によって症状と経過は異なるため、かかりつけ整形外科において確認することを検討ください。
参考になれば幸いです。

損傷の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談