どのような症状で
お困りですか?
  • 40代 男性

    B型肝炎に罹った時にステロイドの使用は今後再活性の危険があ…

    B型肝炎に罹った時にステロイドの使用は今後 再活性の危険があるため禁止ですと医師から言われていましたが、扁桃腺炎になり、ステロイドの入った薬剤の吸引を二回しました。その後気分が悪くなり中止しましたが、ステロイド剤を吸引しても大丈夫だったのでしょうか?B型肝炎が再活性することはないのでしょうか?今回みていただいてる医師には肝炎に罹った事は伝えてあります

    2020.01.21 21:28
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。

ステロイド剤の吸入ですと全身ではなく喉の局所に作用しますので 吸入でB型肝炎が再活性することはないと思われます。

ただステロイド剤の全身投与では肝炎への影響が出る可能性はありますので注意する必要があると思われます。

また何かありましたらご質問ください。お大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。
B型肝炎であるときのステロイド使用についてご心配されているようですね。
お分かりのようにB型肝炎がステロイド使用によって再活性化することがありますが、それはステロイド全身投与を二週間以上継続した場合のことですので、今回は該当しないと考えます。
ご参考になれば幸いです。お大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。いわれるようにB型肝炎だと、ステロイドの点滴や内服治療で、B型肝炎が再活性する可能性があるのでステロイドの使用には十分きをつける必要があります。ただ今回のステロイドのはいった薬剤の吸入だと、全身へのステロイドの影響はすくないとおもいますし、B型肝炎への影響は心配ないようにおもいます。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
ご記載いただいたように、B型肝炎におけるステロイド使用は再活性を招く危険性があるため、使用されないことが一般的です。この場合のステロイド等は2週間以上の投与や、一時的にステロイドを大量に投与するパルス療法などを指します。
このため、扁桃腺炎に罹られた際の吸入については大きな影響はないことが推測されます。
治療の影響については、かかりつけ医から再度ご確認ください。
参考になれば幸いです。

肝炎の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談