どのような症状で
お困りですか?
  • 三宮先生、ご回答ありがとうございます。逆流性食道炎と胃潰瘍…

    三宮先生、ご回答ありがとうございます。

    逆流性食道炎と胃潰瘍、十二指腸潰瘍は、関連することがあるとの事ですが、どのように関連するのでしょうか。

    2年以上前から、逆流性食道炎の症状で、噴門が緩いと指摘されており、逆流しやすいと言われています。(胸やけよりもゲップが主症状でしたが、過度なゲップにより、胃酸が食道まで上がってきているのではないかと思っています)

    それが、昨年の11月末ごろから、胸やけの症状が強く出てきました。(思い返すと、その数日前から胃のあたりがなんとなく重い感じがありました)

    それから、現在まで、症状が常に出ているというわけではないですが、油断すると胸やけが再燃してくるような感覚があります。

    逆流性食道炎があると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になる可能性があるのでしょうか。(職場の上司が、十二指腸潰瘍を以前患った際に、逆流性食道炎も同時に見つかったという話を聞いており、逆流性食道炎と胃潰瘍や十二指腸潰瘍がどのように関連するのか疑問に思いました)

    2020.02.08 10:30
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。
逆流性食道炎と胃潰瘍・十二指腸潰瘍の関連性についてご心配されているようですね。
胃潰瘍は胃酸過多によって発症する場合が多いです。これに食道胃接合部の弛緩という要素が加われば、逆流性食道炎となります。胃酸過多である状況が改善されれば、どちらも収束に向かいます。という意味で関連性があると捉えます。
ご参考になれば幸いです。

アドバイス : 受診を勧める
十二指腸潰瘍の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談