どのような症状で
お困りですか?
  • 月に2,3回ほどのペース、約1-2週間感覚で腰痛を伴った発…

    月に2,3回ほどのペース、約1-2週間感覚で腰痛を伴った発熱(38度前後)、脈拍100回/分以上などが続いています。腰痛や発熱はアセトアミノフェンを服用すると1日で収まります。発熱する前には披露が溜まっている自覚はあり、大きくいきを吸うと気管支にやや痛みがあり、呼吸が浅く早くなります。発熱中は睡眠もままなりません。
    時より発熱を伴わない蕁麻疹が出ることもあり、タリオンを服用することで4-5日で治ります。毎回ではありませんが、蕁麻疹が出てから1週間ほどで発熱などの諸症状が出ているような感覚があります。
    当方は膠原病を疑っておりますが、アセトアミノフェン単回服用で症状が消失するため受診せずにいます。受診の是非と、考えられる原因を提示していただけると幸いです。

    2020.03.29 02:15
医師からの回答

こんにちは。ご相談ありがとうございます。

いろいろな症状が見られるようですね。
蕁麻疹は原因不明なことが多く体調不良時に出やすいとされています。

発熱時は脈拍が早くなりやすいですね。アセトアミノフェンを1回飲むと解熱しその後特に問題がないのであれば様子を見て良いように思いますが、月に数回と頻回に同じ症状が出ているようですので次回は症状が見られた時にいちど内科を受診されてみてはいかがでしょうか。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事にされてください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございます。
繰り返す腰痛と発熱と蕁麻疹などでお困りのようですね。
蕁麻疹と諸症状の現れる時期に関連性はあるようですが、疾患としての関連性の有無は判断つきかねます。
腰痛と発熱そして呼吸器症状からは、お考えのように膠原病の可能性も含まれますが、他の疾患の可能性もあり得ます。一度、各種検査の可能な大きな病院の総合内科を受診されてはいかがでしょうか。
お大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございました。腰痛や発熱症状が出現されているのですね。ご記載内容のみでは判断できませんが腎盂腎炎や膠原病などの自己免疫疾患は鑑別する必要があります。38℃以上の発熱が間欠的に出現しているとすると精密検査の適応と思われま。この症状のみでは原疾患を特定できませんが不明熱として一度一般内科を受診されることをお勧めします。

アドバイス : 受診を勧める
発熱の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談