どのような症状で
お困りですか?
  • 近くのかかりつけ医からはメニエール病との診断で薬を昨年秋よ…

    近くのかかりつけ医からはメニエール病との診断で薬を昨年秋より飲んでいます。
    めまいは回転ではなく浮遊感や動揺視、耳が塞がる感じとめまいとは同時ではない耳鳴りです。
    なかなかよくならず、pppdも疑い、冬の終わりに大学病院を受診しました。pppdの傾向も無きにしもあらず、メニエールは根底にあるだろうとの事でした。

    今度大学病院で造影MRI検査メニエール病疾患の内リンパ水腫画像評価をする予定です。
    造影剤を使うので4時間後のMRI撮影となり、病院での滞在時間もコロナウイルスの心配もあり、今するべきか、延期するべきか悩んでいます。

    この検査により、何がわかりますでしょうか?
    この検査なしでメニエールやpppdの区別は可能でしょうか?

    2020.05.19 10:10
医師からの回答

御相談ありがとうございます。

現在どの程度症状に悩まれているかで検査を決めてもいいように思います。症状が辛く緊急性があれば検査を受けるといいと思いますし、そこまででなければ、主治医も今すぐにでも、と言われてなければもう少ししてからでもいいかもしれませんね。

この検査なしでメニエールやpppdの診断は一般的には可能と思われます。

どうぞお大事になさってください。

ご相談ありがとうございます。
近医にてメニエール病の診断にて治療中ということですね。
今回予定されている造影MRIの検査は内リンパ水腫の鑑別のための検査ということのようですね。ご心配されているようにコロナウイルス感染の可能性もありますので、延期するという判断も尊重したいと考えます。
お大事になさってください。

ご相談ありがとうございました。pppdの診断基準の抜粋では中核となる前庭症状が浮遊感,浮動感,不安定感,非回転性の擬似運動感覚,空間識が障害されたような感覚であり,これらが3カ月以上持続する.回転性めまいは含まない.症状はほぼ毎日存在し,1日の半分以上認める.① 立位や歩行,② 急な動き(能動的あるいは受動的),③ 複雑な視覚パターンやブレの多い不安定な画像などの視覚刺激を受けることで増悪し,いったん増悪するとしばらく持続する.代償不全で見られるような,体動後の瞬間的な増悪のみでは②の診断基準を満たさない.発症後,いずれかの時期に①~③のすべてを満たす必要があるとされています。画像診断が基準には含まれていませんが他の前庭部疾患や精神疾患の除外には必要と思われます。眩暈が強く日常生活に影響が出る場合は(新型コロナウイルス感染につてご心配と思われますがやはりはやめに検査を受けられることをお勧めします。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
心配の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談