どのような症状で
お困りですか?
  • 40代 男性

    乖離性脳動脈瘤になったと言っていた人がいるのですが。診断書…

    乖離性脳動脈瘤になったと言っていた人がいるのですが。
    診断書には
    椎骨動脈乖離と診断されており
    1週間程入院し、加療を行った。
    退院後は仕事は可能であるが軽作業に限ると書かれていました。
    手術はしていないらしいです。
    乖離性脳動脈瘤と椎骨動脈乖離は同じ病気なのでしょうか?

    2020.07.30 21:02
医師からの回答

こんにちは。御相談ありがとうございます。

脳動脈解離は内頸動脈系と椎骨動脈系に分けられ、それぞれ頭蓋内、頭蓋外に分類されますが頭蓋内椎骨動脈解離が多いようです。

椎骨動脈解離は椎骨動脈に解離性動脈瘤(血管壁の内部が裂けるもの)を生じることにより発症し突然の激しい頭痛を生じます。

患者さんの状態によっては安静、血圧管理、点滴治療で様子を見る場合もあります。

ご相談ありがとうございます。
乖離性脳動脈瘤と椎骨動脈乖離についてご心配されているようですね。
乖離性脳動脈瘤のほうが範囲としては広いです。脳動脈の一つに椎骨動脈が含まれますので、椎骨動脈乖離はその中の一つとして捉えられます。
ほぼ同じ様なものというご理解でよいかと考えます。
ご参考になれば幸いです。お大事になさってください。

ご相談ありがとうございました。首から脳に血液を送っている動脈は2対あり、首の前側にある頚動脈、首の骨の中にある椎骨動脈と定義されます。脳動脈の解離は全身の動脈に起こりますが、頭部では椎骨動脈の解離が最も多く、椎骨動脈が解離すると突然の激しい頭痛を起こします。ですので脳動脈瘤解離のうち、椎骨動脈に解離がおきたということになります。

脳動脈瘤の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談