どのような症状で
お困りですか?
  • 60代 女性

    6月25日頃夜中に突然左足の付け根から膝までが痛くなって、…

    6月25日頃夜中に突然左足の付け根から膝までが痛くなって、救急で見てもらい痛み止めの点滴を受けて帰りました。土曜日だったため次の日も救急で点滴を受けて、月曜日に整形外科を受診しました。MRIやCT検査の結果ヘルニアと言われ、そのまま入院手術しました。退院の頃からまた激痛がして退院して3日目に救急車で運ばれ診察してもらったらガスがたまっていると言われしばらく家で寝たきりで生活していました。少しして急に痛みが薄れてきてガスがなくなったのかと安心しました。でも足の付け根と膝の痛みは残ったままです。次の診察で膝の骨に壊死している所があると言われました。痛みが取れなければ手術して人工骨を入れると言う事でした。付け根に関しては何も言われません。聞いてもヘルニアの痛みが残っているのでは?と言われました。いまから7~8年前くらいに左の付け根が痛くなくなって歩くのが大変になって、整形医院で見てもらった時レントゲンでは何も無いと言われました。だんだん痛みがひどくなってきたため総合病院でMRIを撮ってもらったのですが、その先生に転んだかぶつけたかしましたか?と聞かれたので何もしていませんと言ったら、くびをかしげられて何もしてないのに変だなと言うので何故ですかと聞いてみました。そしたら股関節がまっ黒に映ってると言われました。その画像を持ってかかっていた医院に持って行ったのですが、その先生は何だろうねみたいな感じで痛み止めの薬を増やして注射もしてシップを出して2~3か月通いました。だんだん痛みが薄れたのでそのままにして忘れてしまっていました。その後は仕事をして歩いたり物を運んだりした後は、付け根から膝までが痛くなってシップしていました。今回痛くなった事と何か関係あるのでしょうか?

    2020.08.21 12:25
医師からの回答

こんにちは、御相談ありがとうございます。

実際に画像を視たり、診察してみないと今回のことと以前のことが関連があるかどうかは判断が難しいのですが 何か問題があれば症状がずっと続くはずで「だんだん痛みが薄れたのでそのままにして忘れてしまった」ということであれば関係ないかもしれませんね。

引き続き診察治療を受けるといいと思いますがおかかりの整形外科で分からなければ大学病院などに紹介してもらうといいかもしれません。

また何かございましたらご相談ください。お大事になさってください。

下肢の付け根の疼痛が出現されているのですね。実際に診察検査をしてみないと判断できませんが腰椎ヘルニアの再燃や股関節炎などの何らかの整形外科疾患と思われます。鑑別としては坐骨神経痛や鼠経ヘルニア、鼠径部リンパ節炎などもあります。鎮痛剤で改善し無い疼痛、鼠径部の腫脹(鼠経ヘルニアの場合立位で鼠径部が膨隆することで鑑別できます)や皮膚所見異常(発赤やしこりなど)がある場合は一度病院でご相談されることをお勧めいたします。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める
壊死の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談