どのような症状で
お困りですか?
  • 70代 女性

    私は20年前に変形性腰椎すべり症の手術を受けておりますが、…

    私は20年前に変形性腰椎すべり症の手術を受けておりますが、依然として腰痛がよくなりません。最近、30分以上の歩行、立っている事も限界です。現在、整形外科でトリガーポイントの注射と痛み止めの保存治療、骨粗しょう症の治療をしています。痛みがある為、運動はしていません。体操や散歩はどの程度、必要でしょうか?年齢は72歳です。間歇性跛行の症状もあります。ご教示下さい。

    2020.09.09 13:52
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。
20年前に変形性腰椎すべり症の手術を受けられて、依然として腰痛があるということですね。
整形外科での痛みの治療に加えて、ペインクリニックでの痛みの治療を受けられてはいかがでしょうか。
整形外科に紹介してもらうとよいと考えます。
間欠性跛行については足の血管の病気の可能性も含まれますので、一度、循環器内科を受診されてはいかがでしょうか。
ご参考になれば幸いです。お大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございました。腰痛が遷延されているのですね。実際に診察検査をしてみないと体操や散歩の可能は範囲をお答えすることは困難です。歩行立位も困難とすると下肢の負荷のかからないエアロバイクや水泳でのウオーキングなどが良いかもしれません。また間欠性跛行の鑑別として下肢動脈閉塞などがありますので一度主治医にもご相談されることをお勧めいたします。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

こんにちは。御相談ありがとうございます。

整形外科でトリガーポイントの注射と痛み止めの保存治療をされていても腰痛が良くならないのですね。

腰痛は痛みがあってもできる範囲内で腰痛体操(ネットで検索できます)など行うといい場合もあります。

また痛みに対してはペインクリニックも痛み注射 などに関してプロですので受診されてみるといいかもしれません。

また何かございましたらご相談ください。お大事になさってください。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

こんにちは。
腰椎すべり症でお困りのことと思います。
腰痛があるものの、現在の治療である程度痛みのコントロールができており、日常生活に支障がないようでしたら、ある程度体操や散歩などで筋肉・体力を維持することは有用であると思います。
特に体幹の筋肉を維持することで、腰痛の緩和も期待できます。
もちろん、腰に負担のかかる、重い荷物を持ち上げたりなどは避けた方が良いでしょう。どこまで、どの程度動けるかは、現在の病状により変わりますので、主治医とよく相談してもらうのが良いでしょう。
どうぞお大事になさってください。

腰椎すべり症の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談