どのような症状で
お困りですか?
  • 5月頃から吐き気に悩んでいます。消化器内科へ通い始め逆流性…

    5月頃から吐き気に悩んでいます。
    消化器内科へ通い始め
    逆流性食道炎、表層性胃炎の
    言われましたが、処方薬の効果が
    見られず、胃カメラも行いました。
    胃の入り口がかなり緩く、
    逆流は元々しやすいと言われたのみで
    胃自体の問題はないとの事でした。

    悪化する一方で辛いのですが
    対処法はないのでしょうか?
    食事に関わらず、どの時間帯でも
    酷くなったりします。
    腹痛(下腹部合わせて)や
    胸の痛みも時折起こります。

    また、5月頃からの悩みですが
    合わせて空気ゲップを
    するようになってしまい
    そちらも悪化し、やめられません…

    2020.09.13 06:31
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。
5月頃から消化器内科へ通い、逆流性食道炎、表層性胃炎の診断にて内服治療されたものの、効果がなく、胃カメラを行ったところ、胃の入り口が緩く、逆流はしやすことと、胃は綺麗で問題はなさそうということですね。
制酸剤や胃粘膜保護剤の内服と、就眠時、頭を高くすることがよいかと考えます。処方の調整が必要である印象を受けます。今一度、消化器内科を受診されてはいかがでしょうか。
ご参考になれば幸いです。お大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める

ご相談ありがとうございました。嘔気とゲップでお悩みなのですね。病的な嘔気ゲップ(腸閉塞や機能性胃腸症候群など)でないとすると多くは呑気が原因になります。初期対応としては早食いや炭酸飲料を控える、食事中の過度な会話を慎むなどの対応が必要です。また姿勢不良も呑気の原因になりますので長時間のスマホやパソコン操作にも注意が必要です。食道裂孔ヘルニアや加齢による呑気もありますがそれでも症状が改善し無い場合は一度消化器科を受診され六君子湯や胃酸分泌抑制剤、ガスモチンなどの腸管蠕動促進剤などを処方されることをお勧めいたします。

アドバイス : 症状が続く場合は受診を勧める

おはようございます。ご相談ありがとうございます。

胃カメラの結果では食道裂孔ヘルニアがあり、それによる逆流性食道炎や軽度の胃炎などが見られたと言う事ですね。そうなりますと吐き気はストレス性のものから来ているかもしれませんがいかがでしょうか。機能性ディスペプシアなどの可能性があるかもしれません。5月ごろからと言う事ですが何か環境の変化やストレスが増えたなどはないでしょうか。

またゲップが増えたと言う事ですが、逆流性食道炎の悪化、早食いすすり食いなどで空気を多く飲み込んでいる、炭酸水を多く飲む、ストレスなどで空気を多く飲み込む呑気症、などが原因かもしれません。

再度消化器内科にご相談すると良いと思いますし、ストレス性病変であれば心療内科等の受診も考慮すると良いかもしれません。

また何かあればご質問ください。どうぞお大事になさってください。

アドバイス : 受診を勧める
表層性胃炎の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談