どのような症状で
お困りですか?
  • 30代 女性

    お世話になります。総胆管結石の治療について教えてください。…

    お世話になります。総胆管結石の治療について教えてください。
    以前に胆石発作が起き、検査をしたところ、十二指腸との境目付近に3から4ミリの胆石が残っていることがわかりました。嵌頓状態にはなっていません。
    この場合の治療として(胆嚢も併せて摘出する予定です)、ERCPと腹腔鏡による胆嚢摘出を一緒な行うことを提案されています。一方で調べたところ、腹腔鏡下総胆管切石術という方法もあることを知りました。
    膵炎などの合併症を考えると腹腔鏡下総胆管切石術な方がいいのかなと思いますが、ERCPを採用するメリットはありますか?
    または、石の位置が乳頭括約筋の近くなのでERCPの方がベターということはありますか?
    よらしくお願いします。

    2020.10.07 01:37
医師からの回答

ご相談ありがとうございます。
総胆管結石の治療についてご心配されているようですね。
十二指腸との境目付近に3から4ミリの胆石が残っているようですね。
外科医から説明がありましたでしょうか。ERCPと腹腔鏡による胆嚢摘出を行うことでよいような印象を受けます。
腹腔鏡下総胆管切石術はとても難しい手術です。ERCPでできるならそのほうがよいと考えます。
ご参考になれば幸いです。お大事になさってください。

ご相談ありがとうございました。胆石総胆管結石の治療方針は腹腔鏡下手術と手術+ERCPで優劣はないとされています。ただ手術による総胆管切石術の場合は術後の胆管狭窄のリスクなどがあります。ERCPについても処置後の膵炎のリスクがありどちらが良いとまではいえません。現時点ではERCPで総胆管結石除去し手術で胆摘を行うことが多いです(ERCPで切石できない場合は手術で総胆管結石を除去を検討します)。

総胆管結石の症状をお持ちなら

この症状に近い健康相談