井上 雅博 医師のプロフィール

井上 雅博

病院名 脳神経センター大田記念病院

診療科目 一般内科

コメント履歴

  • 前田健さん急死…44歳 路上で倒れ緊急搬送 あややモノマネで人気(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

     東京都内で、早期の発見、レスキューが遅れたようで残念です。若い働き盛りの人でも心筋梗塞や脳卒中といった病気は起こり得るので、症状があればすぐに医師にかかる必要があります。疾患が突然のようでも年に1度の健康診断などを受けていれば、防げたかもしれず、そういった意味でも検診などは重要だと思います。ご冥福をお祈り申し上げます。

    投稿日時:
  • 高額な薬の「費用対効果」査定へ…試験導入

    今後、こう言った高額な医薬品の発売が続くと思いますが、一方適正に使用しなければ保険財政のダメージが大きくなります。病気の患者さんにはとりあえずどんな人でも使うのではなく、効果と経済性をしっかり見極めた上で、処方を行ってく必要性がたかそうですね。  一方、製薬企業もこの分野で開発を続けているので、どこまで保険の中で負担をするかが大きな問題になりそうです。

    投稿日時:
  • 医師の半数、遠隔医療に消極的?

     個人的には、病院に通うのがだんだん辛くなってきた慢性疾患の患者さんにも使えそうだし、検査などがないのなら徐々にシフトしてくと思います。むしろ待ち時間とかの節約になるなら患者さんはどんどんシフトしそうですね。

    投稿日時:
  • ロキソニン、重大な副作用に大腸閉塞など-使用上の注意に追記(医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース

    ごく普通に用いられる鎮痛剤ですが、やはり副作用はあります。問題はこの鎮痛剤が医師の指示がなくてもOTCとして通常の薬局などでも手に入ることです。医師や薬剤師さんから服用をする時の注意を受けないままに乱用した場合のリスクがあること、改めて意識しないといけないですね。

    投稿日時:
  • アルツハイマー病は「思い出せないだけ」? 理研、失った記憶の復元に成功

    今回は動物実験、このアプローチでよい認知症の薬が出てくることが求められています。多くの製薬企業が取り組んでいますが、今の所、問題を解決する方法がまだみつかっていないので、大きな期待が寄せられますね☆

    投稿日時:
  • 現役医師たち、実は不満だらけ? 「名誉と収入が一致しない」 - ライブドアニュース

    世の中の誤解は結構あります。教授や病院の先生がたは診療以外にも様々な研究会に参加する学会活動や、論文執筆、そして医学生や研修医の指導にと忙しいのです。そして土日も当直もあります。大学教授が大変なのは間違いなく、「お金持ち」なんてイメージは世間で勝手に広まりすぎですよ・・・。メディアも美容形成の医師とかをセレブとか変な取り上げ方しているけど、あれはごく例外で、普通の医師は週休2日制どころか、毎日のように仕事をしていますね。責任の一端はメディアにあるわけで、メディアが「医師」と「お金」をテーマに取り上げる時にもう少し、普通に扱ってもらいたいですね。そんなに世の中、うまい話なんてあるわけないですよ。

    投稿日時:
  • 全国1000病院を改革実績で評価 医療とカネの不都合な真実にも迫る | 週刊ダイヤモンドの見どころ | 週刊ダイヤモンド

    当院などもランキングに入っていますが、やはり治療成績が良いことが一つの目安です。今年の10月からは多くの急性期病院では、各病院の患者数が多いトップ3の疾患の平均在院日数などがホームページからみられるようになります。  病院ランキングはあくまで参考値ですが、もしも「がん」のような場合、症例数だけではなく、平均在院日数なども参考にされるといいかもしれません。

    投稿日時:
  • 「世界一受けたい授業」で発表した 『医師7万人のアンケートでわかる!お医者さんのベストチョイス 第2弾』 番組内では放送されなかったアンケート結果全体を一挙公開! - プレスルーム - MedPeer メドピア株式会社

    今年の秋からは高度な急性期医療を行う病院では、医療の質を示すデータ(Quality Indicator)が外部に開示されるようになると、患者さんが選べる時代になりますね。「がん」などで病院にかかる時は、その医療機関の症例数だけではなく、手術成績などもきちんと知りたいですね。 現在提唱されている指標(7項目) 1)年齢階級別退院患者数 2)診療科別症例数トップ3 3)初発の5大癌の UICC 病期分類別ならびに再発患者数 4)成人市中肺炎の重症度別患者数等 5)脳梗塞の ICD10 別患者数 6)診療科別主要手術の術前、術後日数 症例数トップ3 7)その他(DICの請求率等)

    投稿日時:
  • 個人情報保護法改正案が可決 来年1月に監視機関発足:朝日新聞デジタル

    ビッグデータを使った新しい薬の開発や技術の開発研究のために、病気の患者さんの情報は個人情報をマスクした形で利活用するための処置が必要ですね。しかし、それにしても「規制」でかえってイノベーションが遅れることがないように配慮を願いたいですね。

    投稿日時:
  • 低線量CT検診で肺がん死亡38%減少|2016年_学会レポート|ニュース|Medical Tribune

    がん検診について否定的な意見もありますが、これは高齢化の進行に伴い、がん死亡が増えている中で大切な話ですね。

    投稿日時:
  • 搬送の女性死亡、食道にチューブ 埼玉西部消防局「救命活動は適切」

    救命のために、救命士の方達が日夜活動しています。急病になって病院にたどり着くまでの時間、患者さんの状態によっては人工呼吸も必要なため処置を行います。病院に到着すれば医師や看護師が活躍しますが、救命士も救急医療のチームの一員として、こういった事件が再発しないように、医療側からも応援が、一般の皆さんにも理解していだく必要がありますね。

    投稿日時:
  • がん検診、コンビニで…来年度から

     がんで亡くなる方が一番多い国日本、お仕事を休んで、がん検診に行けないのなら、コンビニも活用ありですね。 日本ではまだ予防接種は薬局ではできませんが、アメリカではスーパーマーケットの中にある薬局などでも可能になったり、お薬も宅配便で運ばれるサービスがあるなど進んでいるようです。  健康診断で異常があれば、きちんとかかりつけのお医者さんに相談しましょう。

    投稿日時:
  • 改定薬価基準を告示‐「ソバルディ」31.7%引下げ‐厚生労働省 - ココヤク News -

    海外に比べると薬価は低めですが、あまりにも高額すぎると健康保険財政が破綻してしまいます。今回の引き下げによって、患者さんの負担は大きくは変わりません。なぜなら日本の健康保険制度はとても優れていて、高い医療費でも高額医療費は保険で支払ってもらえるので、自己負担が一定以上にはならないようにきちんとされています。そういう意味では国が薬価などをコントロールすることはある程度必要でしょうね。

    投稿日時:
  • 脇坂英理子容疑者を逮捕 診療報酬をだまし取った疑い【タレント女医】

    虚栄心からプラベートを切り売りして、何もかも失ってしまったのでしょうが、真面目な医師からするとちょっと問題外ですね。病気の人を癒すため、あるいは健康を増進するのを手伝うのが医師なのに・・・ではあります。

    投稿日時: